レクサプロのジェネリックを使えば効果はそのままに大幅に節約することができます!

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロのジェネリック

エスシタロプラム レクサプロは大変効き目が高い事で有名ですが、その分値段も高く手が出しづらい薬でもあります。安く手に入れたいと思う方は多いですが、日本では2011年に発売されたため未だ新薬扱いでジェネリックを買うことはできません。しかし、海外では既にレクサプロのジェネリックが流通しています。

インドのシプラ社が開発した「エスシタデップ」は、レクサプロのジェネリックで海外から個人輸入すれば、手頃に買うことができます。医療現場でも重宝されている薬で成分の安全性には定評があり、うつや対人恐怖症・不安障害にも使用可能です。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

レクサプロ・ジェネリックの効果

頬に手をあてて微笑む女性 レクサプロ・ジェネリックの効果は、レクサプロと同じです。落ち込みや不安感に関わりのあるセロトニンにだけに作用し、副作用は少なく十分な効果が期待できます。効果が出るのも比較的早く、1週間で効果が出る方もいます。他の薬を飲んでいても影響を与えず、効き目の持続時間も長いです。

日本では、主にうつ病治療に使用されますが、国外では全般性不安障害・パニック障害の方にもよく使用されます。同じSSRIの抗うつ剤と比べても、バランスがいいため安心して服用が可能です。


レクサプロ・ジェネリックの副作用

手で顔を覆う女性 レクサプロ・ジェネリックの副作用の場合も同様で、レクサプロの副作用と違いはないです。レクサプロ・ジェネリックの場合も、吐き気やイライラの不快な症状の発現があります。

なかでも、不眠や下痢、吐き気は発現するリスクが高く数日経っても治まらないようであれば、他の薬(睡眠薬や下痢止め)を飲んで対処できます。また、その他の副作用として突然、薬の減量・断薬で起こる離脱症状があります。

この症状は、身体に電気が走ったような感覚と耳鳴りが特徴です。しかし、身体に負担を掛けない飲み方を行えばこれらの副作用の発現は稀です。

レクサプロ・ジェネリックの購入方法は通販のみ

スマホを操作する人 気になるレクサプロ・ジェネリックの購入についてですが、病院では購入できません。一般的に、医薬品は専門病院で診察を受けた後に処方されますが、上記でも説明した通りレクサプロ・ジェネリックは新薬扱いのため医療機関であっても購入できません。

そのため、レクサプロ・ジェネリックを買うには通販しか方法がないです。通販での購入はメリットが豊富にあります。値段が安いことはもちろん、病院処方とは違い掛かる費用が最小限に済みます。

通常、処方には医師の診断が必要ですがうつ病のように定期的に病院へ通い、薬だけが必要な場合においては通販がオススメです。診察も時間の制限があるため、現状を少しだけ話していつもの薬を処方してもらうという繰り返しの方もいるかと思います。

また、うつ病だからこそ理由なく外に出たくないと思う日があっても当然です。しかし、きちんと治療は続けたいとい思いがあるのであれば薬の服用は重要です。そのため、薬は手間も時間も掛からない通販の利用がオススメです!
通販であれば、自分の都合のいい時間に、ネット環境さえあれば場所を問わず注文できます。また1度病院でレクサプロを処方された方であればジェネリックに切り替えて、大幅な節約ができます。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

レクサプロ・ジェネリックが通販で購入できる秘密

口に指をあてる女性 ジェネリックは近年、日本でも除々に浸透していますが、欧米諸国と比べるとまだまだです。国によって医療制度が異なり、医療保険が限られるアメリカは安い薬を求める傾向です。

しかし、このような背景が浸透状況だけでなく日本ではジェネリックの概要を知らない方も多いです。ジェネリックは値段が安い以外にも、利点が多くあります。

そもそもジェネリックは、新薬の特許の切れた医薬品です。新薬を販売する製薬会社とは別の会社が販売を許可され、作られる薬で有効成分は同じものを含有しています。成分に違いがなく、新薬と同等の効果を望めます。

新薬の開発には莫大な費用が掛かっていますが、ジェネリックの場合はその費用が抑えられるため新薬(レクサプロ)よりも安く買うことができます。しかし、レクサプロに関しては日本で未だ特許が切れていません。そのため、ジェネリックの製造ができない現状があります。しかし、日本国外であれば製造可能な国があります。その国がインドで、インドのジェネリックであれば購入が可能です。

インドの薬事法は日本とは違い、同じ有効成分を使用する薬であっても製造方法が異なれば製造可能となっています。そのため、インドのジェネリックは多くの方に愛用されています。
日本では購入できない薬であっても、インド製の薬を利用し治療をスムーズに進められます。日本では認可が下りるまで病院であっても購入できませんが、個人輸入代行業者を使えば通販での購入が可能となります。

レクサプロ・ジェネリックの通販方法

PCを操作する人 レクサプロ・ジェネリックを通販方法は簡単で、誰でもできます。下記のサイトからレクサプロ・ジェネリックを注文するだけです。1度でも楽天やAmazonなど大手通販を利用したことがある方は、スムーズに購入できます。

しかし、通販を利用する際に1つだけ注意点があります。それは、レクサプロ・ジェネリックに限らず海外医薬品を通販する場合、全てに言えることで商品の発送元が海外になります。

海外医薬品を通販できる条件として、法律では「海外からの発送に限る」と定められています。つまり、国内にあるお店から発送された海外医薬品を購入することは禁止されています。仮にそのようなお店があれば違法であるため、絶対に買わないでください。

通販サイトを選ぶ際は、「薬事法を遵守しているか」「実際に購入している人の口コミがあるか」「長期間きちんと運営されているサイトであるか」「問い合わせ対応の有無」などを自身で確認するようにしてください。また、下記のサイトは海外医薬品の通販で人気のある信頼度が高いサイトです。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

レクサプロ・ジェネリックを購入した方の口コミ

40歳女性/会社員 
以前までは、レクサプロを使用していましたが、レクサプロにジェネリックがあるのをたまたま知りすぐに購入しました。ジェネリックといってもイマイチだったらどうしよう・・・と飲むまでは不安でしたが、全く一緒でした(笑)
もっと早くジェネリックの存在に気づければ、節約できた気がします。レクサプロ服用中の方は、ジェネリックがオススメですよ。私は、レクサプロ・ジェネリックのお陰で約2年向き合ってきたうつ病とおさらばできそうです。服用期間などは、人によって違いますが、減薬などはゆっくりマイペースに。きちんとレクサプロ・ジェネリックを飲めば良くなります。
54歳男性/自営業 
レクサプロにジェネリックがあったなんて驚きでした。レクサプロは初めてうつ病になった際に、処方されました。自分が精神的な病気になるなんて思ってもおらず、最初はレクサプロを飲んでなかったです。しかし、日が経つにつれて症状は悪化。妻や周りにも迷惑がかかるので、半信半疑でレクサプロを飲んでみました。
すると、嘘かと思う程あれよあれよと体調が戻りました。値段が高いとの思いはありましたが、そのときは治ったことがただ嬉しかったのを覚えています。そして、今回またうつ病を再発。1度経験済みなので、最初だけ病院に行き2回目からは通販で薬を購入することに。そのときに、レクサプロのジェネリックを発見。値段も安く、まとめて買いやすいのもあり購入しました。
ジェネリックでも、レクサプロ同様すぐに症状は緩和され、今では仕事復帰もしました。ジェネリックに抵抗感がある方も是非、1度は試してみてほしいです。きっとビックリするに違いありません。
36歳女性/会社員 
もう、かれこれ1年程レクサプロ愛用者です。飲むとリラックスでき、少しずつですが元気を取り戻してきています。そのため、このままレクサプロの使用を続けるのアリでしたが、値段の安いジェネリックに切り替えることにしました。レクサプロの作用をよく知っている私としては、レクサプロ・ジェネリックに切り替えることに何の迷いもなかったです。
ただ、以前よりも出費が抑えられる。それだけでとても嬉しかったです。効果や使い心地もレクサプロとの違いは特に感じません。日本でジェネリックはまだまだ浸透していません。ですが、私はジェネリックの使用を強く勧めたいです。
同じ働きで、ただ値段が異なるだけでなのに、ジェネリックを使わないのは勿体無いですよ。コスパ重視の方はレクサプロ・ジェネリックが断然お得です。

ジェネリック医薬品とは

医薬品 ジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬のことです。新薬と同じ成分を使いながら、開発費が抑えられています。新薬は別名「先発医薬品」とも呼ばれますが、ジェネリックは新薬よりも後に製造されることから「後発医薬品」と呼ばれることがあります。

費用が抑えられたジェネリック医薬品は、新薬と比べるとその分安価に販売することができます。そのため、効果は一緒であるにも関わらず、私たちは安く購入することができます。

レクサプロ以外の抗うつ剤にもジェネリック医薬品は、多数存在しています。レクサプロと同じSSRIであれば、パキシル・プロザック・ジィゾロフトなどがあります。どの抗うつ剤もジェネリックであれば、安価に求めることができるため魅力的です。

ジェネリック医薬品の需要

国内需要率は20%程度です。アメリカでは69%、カナダでは66%、ドイツでは64%のため日本の需要率はまだまだ低いです。これほどまでに需要率に差がある理由の1つには、医療制度の違いがあります。日本は他の国と比較して医療制度がとても充実している国です。

具体的には健康保険制度です。健康保険では、場合に応じて医療費を国に7~9割負担してもらうことができます。上記で挙げた需要率の高いアメリカには、このような制度は存在しません。そのため、個人が医療費を全額負担し高額な医療費を請求されることもあります。

そこで、アメリカなどではジェネリック医薬品に目をつけ、なるべく出費を抑えようとする風潮があります。つまり、高額な医療費がかかる国では需要率が高くなる傾向なのです。

しかし、日本の需要率の低さの要因は他にもあります。日本で名のある大手製薬会社が、ジェネリックの製造に名乗りをあげたのはここ数十年の事です。それまでは、あまり世間では知られていない企業しか製造しておらず、医師でさえジェネリックの情報を正確に知ることができませんでした。そのため、医師たちはジェネリックを信頼していないという現状がありました。

日本では今でも尚、認識が薄いためこれからの課題の1つです。しかし、これからの日本においてのジェネリックの需要は大きく伸びるでしょう。高齢化が進む日本では、医療費を抑える試作がとられると予想されています。そこで、ジェネリックは大いに活躍しそうです。

インドのジェネリック医薬品の良さ

タージ・マハル ジェネリックは世界的に関心が高いです。日本でも注目度が年々高くなっているのが分かります。しかし、ジェネリック(後発医薬品)は日本ではまだ広く浸透していません。先発医薬品の使用者が多いため、後発医薬品を実際に使用した人たちの声が少ないです。

それでも後発医薬品を広げようと、シェア拡大に力を入れる企業もあります。患者にとって、薬の値段が安くなることはメリットです。そのため、患者さんがもっと積極的に使用すれば普及率は高まり、更に私たちの生活に身近なものとなります。

具体的には、インドでの医薬品事情は世界トップレベルで進んでいます。その背景には国民の経済格差があり、貧しい人は薬を買うことすら困難です。そのため、国の施策として無料で薬を提供することになりました。その際に使われたのがジェネリックです。

薬の無料提供は、製薬会社に影響を与える恐れがあると考える風潮もありましたが、外資系製薬会社が狙っている層は富裕層です。狙っているターゲットが違うため、問題はないとされています。

また、ジェネリック医薬品を製造している企業はインドに特に力を注いでいます。海外から薬を買うことに慣れていない分、不安を抱く方もいますがジェネリックは私たちに多くのメリットをもたらしてくれます。

ジェネリックの安全性

安全性は確認されています。ジェネリックは、新薬と同じようにしなければいけない点があります。1つ目は、有効成分の種類・量、2つ目が用法・用量、最後が効果です。これら全ての条件をクリアすることで初めて、販売できます。

そのため、これがジェネリックが新薬と同等の薬と言われる理由です。また、効果だけでなく副作用も新薬と同じです。これほどまでに一緒であるなら違いは何?と疑問が湧くかもしれません。違いは、色味や薬の形状になります。例えば新薬で飲みづらかった味をジェネリックでは、味を変えて飲みやすくするなどの工夫がなされることがあります。

ジェネリックの品質

品質においても安全性同様、規定の条件を満たさす必要があります。「品質再評価」「溶出試験」など新薬と同様であるか数多くの試験を受けることが義務となっています。そのため、品質の安全性は心配する必要はありません。

「飲んだこともないし、新薬でなければ嫌」「聞いたことのないメーカーの薬は恐い」などと思う方もいっらしゃるかもしれませんが、ジェネリックは上記で説明した通り厳しい規定をクリアしてから初めて販売されます。値段も安いため、長期間服用する方にとってはメリットの多い薬であることに違いないでしょう。

レクサプロはジェネリックがオススメ!

錠剤 レクサプロの離脱症状も気になりますが、1番気がかりになる点は『値段』です。うつは風邪のように3日、4日で治る病気ではなく、治療期間が長く掛かります。そのため薬を継続して飲む必要があり、その分薬代を負担しなければいけません。

1ヶ月だけと期間が決まっている訳でもないため、6ヶ月・1年・2年・3年・・・と薬代を払い続けるおそれもあります。しかし、このような長期的な治療にジェネリックを使用すれば最小限の出費に抑えることができます。利点は、なんといっても値段の安さと安全性です!

そもそも新薬が開発され製薬会社が特許をとると、約20~25年の間は独占的に販売されます。そして、沢山の患者さんに使われることで効き目や副作用をより正確に把握し、その後特許が切れ他の製薬会社も製造可能となり新薬と変わりのない成分・効き目の薬として販売されます。

新薬として長い間使用されてきたからこそ、数多くの情報が蓄積され、効き目や安全性は十分に明白のため、安心して使用できます。また、安さだけでなく患者さんの飲みやすさを考えた優しい工夫がされていることも魅力です。

苦さを感じないようにコーティングされていたり、錠剤が小さくなっているものがあります。他にも誤って飲まないよう色や形が工夫されていたり、成分含有量のバリエーションが増えることもあります。レクサプロにおいても同様で、インドの老舗製薬会社であるシプラ社が販売しているため安心です。出費を抑えたい方は、レクサプロのジェネリックを使うと断然お得です。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。