うつ病治療に用いられる抗うつ剤は、個人輸入で海外から購入する方法が便利でお得になります。

うつ病治療にレクサプロ

抗うつ薬の個人輸入

抗うつ剤を購入する方法は主に2つあります。病院で処方して購入する方法と個人輸入によって購入する方法です。

その中でも個人輸入については、抗うつ剤の個人輸入に馴染みがない方も多くいると思うので、オススメできる個人輸入の代行サービスについてご紹介します。

このような代行サービスでは、国内では流通していない抗うつ剤のプロザックも簡単に購入することができます。


プロザックの最大の特徴は「低価格」となっているので、治療期間が長いうつ病の治療費を少しでも軽くしたい人にはかなり大きなメリットが得られるサービスになるはずです。

プロザックなど以外にもさまざまな薬を購入することができます。また、ジェネリック医薬品に頼れば、そういった新薬と同じ成分を用いて作られている薬を低価格で購入することもできるのでよりお得に薬を購入することができます。

購入方法は簡単

個人的に海外医薬品やジェネリックを購入していた人は分かるかも知れませんが、個人輸入をするにはさまざまな障害があります。

・言葉の壁
・医薬品に関する知識
・通貨のちがい

など、その他にも色々面倒な手続きが必要となるので、これらをクリアにできる人は限られています。


こういった面倒な手続きなども含めて全て代行して行ってくれるのが「個人輸入代行」です。国内にいながら目当てとなる抗うつ剤を購入できるので、だれでも24時間、どこからでも手元のパソコンやスマホで購入できます。

①サイト内で商品の検索(例:パキシル)
②見つけたらら、数量を指定してカートにIN
③届け先となる住所や名前を入力
④支払方法の選択(※代引きはできないので、クレジット決済あるいは銀行振込となります。)
⑤支払完了後、商品が指定の住所に配送されます。

支払いが代引きではできないものの、それ以外は国内の通販サイトと変わることは一切なく、同じ感覚で買うことができます。

違法ではないの?

抗うつ剤をネットで注文するという事に馴染みがない人は初め抵抗感や違和感を覚えるかも知れません。

また、「怪しいんじゃないの?」と違法性を感じてしまうのは当然だと思います。

ですが個人輸入代行は、薬の取扱いや販売方法などが細かく決められている「薬事法」においても認められている販売方法となるので、安心して海外から取り寄せる事ができます。


もちろん、個人で買える購入数には制限はありますし、規定用量を超える注文はまず受付けてくれないので、あくまでも個人輸入できる制限の範囲内での販売となります。