レクサプロのジェネリックを使えば大幅に節約できます!抗うつ剤の個人輸入はサイトの利用で簡単にできます。

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロのジェネリック

エスシタロプラム レクサプロは大変効き目が高い事で有名ですが、その分値段も高く手が出しづらい薬でもあります。安く手に入れたいと思う方は多いですが、日本では2011年に発売されたため未だ新薬扱いでジェネリックを買うことはできません。しかし、海外では既にレクサプロのジェネリックが流通しています。

インドのシプラ社が開発した「エスシタデップ」は、レクサプロのジェネリックで海外から個人輸入すれば、手頃に買うことができます。医療現場でも重宝されている薬で成分の安全性には定評があり、うつや対人恐怖症・不安障害にも使用可能です。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

ジェネリックとは?

考える女性 そもそもジェネリック医薬品は、特許の切れた医薬品を指します。近年、日本でも除々に浸透していますが、欧米諸国と比べるとまだ浸透していません。それぞれの国によって医療制度が異なり、医療保険が限られるアメリカは安いジェネリックを求める傾向です。

しかし、このような背景が浸透状況に関連していることは確かですが、日本ではジェネリックの概要を知らない方も多いです。値段が安いだけでなく、利点は多くあります。そして、利点があれば気をつけたい点も少なからずあります。まだ使用したことがない方も、使用したことがある方も一通り把握しておきましょう。


メリット

●値段の安さ
先発医薬品よりも値段が安いことは、やはりジェネリックの最大のメリットです。何種類もの薬を服用しなければいけない方は特に薬代の負担が大きいでしょう。経済的負担が軽減されることは患者にとって何より嬉しいことです。

●有効成分の安全性
既に私たちのもとに流通している薬の成分と同様のものを使っているため、安全性は確認されています。そのため、薬の形や色が違っていても効き目に変わりはありません。また、先発医薬品での問題点を改善し、飲みやすいようにジェネリックでは工夫が加えられることもあります。

デメリット

●データの少なさ
製薬会社によっては、市販後の調査や臨床試験を行っていない場合もあるためジェネリックの副作用に関するデータが少ないこともあります。しかし、厚生労働省から認められ製造を行い、試験に合格したものだけがジェネリックとして販売されるため問題が発生する確率は少ないです。

●効き目の差
ジェネリックのほとんどが効き目に変わりはありませんが、差がでることもあります。しかし、差がある場合でも厚生労働省の基準である80~125%の許容域の範囲内であるため心配はありません。

レクサプロ・ジェネリックを購入した方の感想

40歳女性/会社員 
以前までは、レクサプロを使用していましたが、レクサプロにジェネリックがあるのをたまたま知りすぐに購入しました。ジェネリックといってもイマイチだったらどうしよう・・・と飲むまでは不安でしたが、全く一緒でした(笑)
もっと早くジェネリックの存在に気づければ、節約できた気がします。レクサプロ服用中の方は、ジェネリックがお勧めですよ。私は、レクサプロ・ジェネリックのお陰で約2年向き合ってきたうつ病とおさらばできそうです。服用期間などは、人によって違いますが、減薬などはゆっくりマイペースに。きちんとレクサプロ・ジェネリックを飲めば良くなります。
54歳男性/自営業 
レクサプロにジェネリックがあったなんて驚きでした。レクサプロは初めてうつ病になった際に、処方されました。自分が精神的な病気になるなんて思ってもおらず、最初はレクサプロを飲んでなかったです。しかし、日が経つにつれて症状は悪化。妻や周りにも迷惑がかかるので、半信半疑でレクサプロを飲んでみました。
すると、嘘かと思う程あれよあれよと体調が戻りました。値段が高いとの思いはありましたが、そのときは治ったことがただ嬉しかったのを覚えています。そして、今回またうつ病を再発。1度経験済みなので、最初だけ病院に行き2回目からは通販で薬を購入することに。そのときに、レクサプロのジェネリックを発見。値段も安く、まとめて買いやすいのもあり購入しました。
ジェネリックでも、レクサプロ同様すぐに症状は緩和され、今では仕事復帰もしました。ジェネリックに抵抗感がある方も是非、1度は試してみてほしいです。きっとビックリするに違いありません。
36歳女性/会社員 
もう、かれこれ1年程レクサプロ愛用者です。飲むとリラックスでき、少しずつですが元気を取り戻してきています。そのため、このままレクサプロの使用を続けるのアリでしたが、値段の安いジェネリックに切り替えることにしました。レクサプロの作用をよく知っている私としては、レクサプロ・ジェネリックに切り替えることに何の迷いもなかったです。
ただ、以前よりも出費が抑えられる。それだけでとても嬉しかったです。効果や使い心地もレクサプロとの違いは特に感じません。日本でジェネリックはまだまだ浸透していません。ですが、私はジェネリックの使用を強く勧めたいです。
同じ働きで、ただ値段が異なるだけでなのに、ジェネリックを使わないのは勿体無いですよ。コスパ重視の方はレクサプロ・ジェネリックが断然お得です。

レクサプロ・ジェネリックは個人輸入で購入可能

上記でも説明した通り、レクサプロのジェネリックは未だ日本には流通していないため、本来であれば買うことはできません。しかし、「個人輸入」という形であれば海外で使用されているジェネリックを購入することが可能です。そもそも個人輸入とは、海外の商品を自己の使用目的のために購入することです。

そのため数量の制限や購入時の名義など気をつけなければいけない点はありますが、新薬と同じ成分を用いて作られている薬を低価格で購入できるという点は、使用者の負担軽減に繋がります。治療期間が長いうつ病の治療費を少しでも軽くしたい方にはかなり大きなメリットが得られるに違いありません。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

抗うつ剤を個人輸入する方法

レクサプロに限らず、さまざまな抗うつ剤を海外から取り寄せることができます。しかし、メリットもあればデメリットもあります。1度試したことがある方は既にご存知だと思いますが、言葉の壁医薬品に関する知識通過の違いなど様々な障害や面倒な手続きが必要で、これらをクリアにできる人は限られています。

しかし、このような面倒な作業を全て自分で行う必要はありません。今は、「個人輸入代行サイト」という手続きを代行してくれる便利なサイトがあります。これらのサイトを利用すれば、国内にいながら目当てとなる抗うつ剤を購入でき、誰でも24時間、どこからでも手元のパソコンやスマホで購入できます。
購入方法は以下のような流れで行うことができ、普段私たちが使う通販と変わりありません。

①サイト内で商品の検索(例:レクサプロ
②見つけたら、数量を指定してカートにIN
③届け先となる住所や名前を入力
④支払方法の選択(※代引きはできないので、クレジット決済あるいは銀行振込となります。)
⑤支払完了後、商品が指定の住所に配送されます。


支払いが代引きではできないものの、それ以外は国内の通販サイトと変わることは一切なく、同じ感覚で買うことができます。英語が読めない方でもサイトは全て日本語で記載されているので、安心して利用可能です。

抗うつ剤を個人輸入する違法性

抗うつ剤と副作用の関係が気になるようにネットで注文するという事に馴染みがない方は初め抵抗感や違和感を覚えるかも知れません。また、「怪しいんじゃないの?」と違法性を感じてしまうのは当然だと思います。しかし、抗うつ剤の個人輸入は、薬の取扱いや販売方法などが細かく決められている「薬事法」においても認められている販売方法となるので、安心してください。

しかし、自分以外の他人(家族・友達)が使用する目的での購入や制限を越える量の輸入は禁止されています。
また、送り先である住所も職場や友人の自宅など、自分が住んでいない住所を送り先にすることはできません。
定められたルールを守り、取り引きを行えば違法性は一切ありません。

個人輸入に処方箋が不要な理由

個人輸入は、日本にいながら海外医薬品を輸入するため処方箋は不要です。通常、薬をもらうためには日本国内の病院に行き、処方箋を出してもらうことが必須です。

処方箋には、医師が指示する薬の量、投与方法が記されており、これをもとに薬剤師が薬を調合します。そして、薬剤師から患者に薬が渡されるのが日本国内での流れです。そのため、日本では薬事法に「処方箋なしで薬を売買することは違法」と定めらています。

しかし、個人輸入では処方箋が不要です。その理由は、「責任の所在」にあります。処方箋が出されるということは、医師がその処方した薬に対して責任を持つという意味です。個人輸入では処方箋が不要な代わりに「個人が責任」を持たなければいけません。つまり個人輸入の場合、利用するのも、実際に輸入した薬を使うのも個人の判断になります。

たとえ、個人輸入代行サイトを利用してもあくまでもサイトは、個人が輸入する際のサポートをするだけです。したがって、個人輸入は全て自己責任となるため処方箋が不要になります。

個人輸入の注意点

個人輸入では目的や数量など決められたルールのもと利用しなければいけないと説明しましたが、それ以外にも自己責任だからこそ注意すべき点があります。
1つめは、「薬の飲み合わせ」です。もしも、持病をお持ちの方であれば現在服用している薬との飲み合わせは大丈夫なのか、自分で確認しなければいけません。薬によっては飲み合わせが悪いことで、持病の悪化もしくは個人輸入した薬の効き目が薄れてしまうこともあります。個人輸入は自己責任、そして自己判断で全て決めなければいけないため、事前に確認するのが自分の義務になります。

2つめは、「薬の過剰摂取」です。海外の薬を個人輸入するということは、その薬は海外の人間を対象しているということです。そのため、添付されている説明書も日本人向けではありません。日本人は海外の人と比べ、体格も小さい分同じ量をそのまま飲んでしまうと、気づかぬうちに過剰摂取となることがあります。
服用の際は自分の体調に合わせることはもちろん、摂取量に問題ないかも考える必要があります。

3つめは、「薬に含まれる成分」です。海外ではきちんと認められている成分が使用されていても、日本国内では認められておらず、知らぬ間に違法薬物を摂取してしまうことがあります。
稀かもしれませんが、実際にこういった可能性はあります。そのため、心配な方は事前に含有されている成分まで確認する。もしくは、検査キットを使って調べてみるといいでしょう。個人輸入代行サイトでは、薬物の検査キットを取り扱っている良心的なサイトも存在します。

レクサプロはジェネリックがお勧め

錠剤 レクサプロの離脱症状も気になりますが、1番気がかりになる点は『値段』です。
うつは風邪のように3日、4日で治る病気ではなく、治療期間が長く掛かります。そのため薬を継続して飲む必要があり、その分薬代を負担しなければいけません。
1ヶ月だけと期間が決まっている訳でもないため、6ヶ月・1年・2年・3年・・・と薬代を払い続けるおそれもあります。

しかし、このような長期的な治療にジェネリックを使用すれば最小限の出費に抑えることができます。
利点は、なんといっても値段の安さと安全性です!

そもそも新薬が開発され製薬会社が特許をとると、約20~25年の間は独占的に販売されます。
そして、沢山の患者さんに使われることで効き目や副作用をより正確に把握し、その後特許が切れ他の製薬会社も製造可能となり新薬と変わりのない成分・効き目の薬として販売されます。
新薬として長い間使用されてきたからこそ、数多くの情報が蓄積され、効き目や安全性は十分に明白のため、安心して使用できます。
また、安さだけでなく患者さんの飲みやすさを考えた優しい工夫がされていることも魅力です。
苦さを感じないようにコーティングされていたり、錠剤が小さくなっているものがあります。他にも誤って飲まないよう色や形が工夫されていたり、成分含有量のバリエーションが増えることもあります。
レクサプロにおいても同様で、インドの老舗製薬会社であるシプラ社が販売しているため安心です。出費を抑えたい方は、レクサプロのジェネリックを使うと断然お得です。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。