うつ病にはメランコリー型と非定型と呼ばれるタイプがあり、それぞれ異なる特徴があります。

うつ病治療にレクサプロ

うつ病の種類

うつ病は、メランコリー型、非定型の2つに分けることができます。また、非定型は他にも呼び名があり、新型うつ病、ディスチミアうつ病、逃避型うつ病などと呼ばれる事も有ります。メランコリー型と非定型は症状は似ていますが、行動パターンや性格の形成が異なってくると言われています。

2種類のうつ病に共通している点

◎意欲が無くなってしまう
◎心の底から、笑ったり喜ぶことが出来ない
◎不眠症をおこす
◎こころとからだに疲労感を感じてしまい、鉛の様に重くなる
◎集中力や思考力が低下する
◎死にたいと考えたり、計画してしまう

こういった症状に2つ以上当てはまっている方はうつ病の可能性があります。
うつ病と診断されたら、抗うつ剤なども使用し病気ときちんと向き合うことが大切です。

メランコリー型の特徴

1.真面目、誠実、律儀
2.思いやりがある
3.仕事に対して熱心
4.責任感が強い
5.うつを隠そうとする
6.食欲の低下や不眠

悪く聞こえてしまうかも知れないですが、頑固なタイプや融通が利かないタイプなのでストレスなどを増幅させてしまい発症すると言われています。また、責任感の強さからなどで強迫観念も強く、リラックスするのが苦手あるいは上手くない人がなりやすいです。精神負担が異常に増え過ぎてしまい、力つきてしまうことで発症するケースが多いとされています。責任感の強さから自分を責めてしまい、更に悪化させてしまうこともあります。

非定型の特徴

非定型は、メランコリー型とは反対の特徴をもっています。

1.責任のある役回りは避けたい
2.問題がおこっても人のせいにする
3.うつの事を隠さず、周囲にも公言する
4.嫌な事をしている時には症状が現れ、好きなことをしている時は症状がでないことも
5.気分の波が大きい
6.家族や周囲のせいでうつになったとしがち
7.過食や不眠
8.体重が極端に増加する

上のことから、気分屋/わがまま/サボり屋などと思われがちなタイプで、本人も嘘を付いている訳ではないですが理解されないこともあります。また、小さなストレスでも症状が起こることからストレスへの耐性が低いとも言われています。

非定型は誤解を招き易いですが、疾病利得を得ているとも言われています。この言葉の意味は、病気にかかることで得をしているという事です。うつ病を理由に仕事や学校など本人が嫌と感じる環境から逃げられるという事になります。なので、人間関係などで発症しやすいのが非定型の特徴とも言え、本人の性格などからも誤解を招きやすいです。