うつ病には色々な種類があり症状も異なります。自身で診断チェックをすることで改善へ繋がります。

うつ病治療にレクサプロ

うつ病の種類

うつ病は、メランコリー型、非定型の2つに分けることができます。また、非定型は他にも呼び名があり、新型うつ病、ディスチミアうつ病、逃避型うつ病などと呼ばれる事も有ります。メランコリー型と非定型は症状は似ていますが、行動パターンや性格の形成が異なってくると言われています。

2種類のうつ病に共通している点

◎意欲が無くなってしまう
◎心の底から、笑ったり喜ぶことが出来ない
◎不眠症をおこす
◎こころとからだに疲労感を感じてしまい、鉛の様に重くなる
◎集中力や思考力が低下する
◎死にたいと考えたり、計画してしまう

こういった症状に2つ以上当てはまっている方はうつ病の可能性があります。
うつ病と診断されたら、抗うつ剤の副作用もきちんと理解した上で使用し病気と向き合うことが大切です。

メランコリー型の特徴

1.真面目、誠実、律儀
2.思いやりがある
3.仕事に対して熱心
4.責任感が強い
5.うつを隠そうとする
6.食欲の低下や不眠

悪く聞こえてしまうかも知れないですが、頑固なタイプや融通が利かないタイプなのでストレスなどを増幅させてしまい発症すると言われています。また、責任感の強さからなどで強迫観念も強く、リラックスするのが苦手あるいは上手くない人がなりやすいです。精神負担が異常に増え過ぎてしまい、力つきてしまうことで発症するケースが多いとされています。責任感の強さから自分を責めてしまい、更に悪化させてしまうこともあります。

非定型の特徴

非定型は、メランコリー型とは反対の特徴をもっています。

1.責任のある役回りは避けたい
2.問題がおこっても人のせいにする
3.うつの事を隠さず、周囲にも公言する
4.嫌な事をしている時には症状が現れ、好きなことをしている時は症状がでないことも
5.気分の波が大きい
6.家族や周囲のせいでうつになったとしがち
7.過食や不眠
8.体重が極端に増加する

上のことから、気分屋/わがまま/サボり屋などと思われがちなタイプで、本人も嘘を付いている訳ではないですが理解されないこともあります。また、小さなストレスでも症状が起こることからストレスへの耐性が低いとも言われています。

非定型は誤解を招き易いですが、疾病利得を得ているとも言われています。この言葉の意味は、病気にかかることで得をしているという事です。うつ病を理由に仕事や学校など本人が嫌と感じる環境から逃げられるという事になります。なので、人間関係などで発症しやすいのが非定型の特徴とも言え、本人の性格などからも誤解を招きやすいです。

うつ病診断チェック

チェックシートを記載する人 上記では、2つの種類のうつに共通する点や特徴を紹介しました。
うつは誰もがなるおそれのある病気です。自分の将来を悲観的にみたり、不眠の症状が続き『うつかも・・・』と思い当たる節がある方のために、以下では簡単なうつ病診断チェックができます。
当てはまる項目の数によって、うつの可能性の有無を知ることができます。

□ ほぼ毎日、1日を通して憂鬱または気分がブルーな状態が続いている。
□ ほぼ毎日、1日を通して遊びや労働といった活動への意欲や喜び、興味・関心がない。
□ 食事制限や食事療法をしている訳でもないのに、体重が減少した、または増加が激しい。
□ ほぼ毎日、きちんと眠れていない。(不眠)または寝すぎている。(睡眠過多)
□ ほぼ毎日、イライラしたり、落ち着きがない、行動が遅い。
□ ほぼ毎日、疲労感を感じたり、やる気が起きない。
□ ほぼ毎日、罪悪感があったり、「自分には価値がない」と思い込んでいる。
□ 集中力に欠ける、思考力が低下する、または自分で何かを決断できない。
□ 死にたいと思ったり、自殺の計画を立てたりする。

全部で9つの項目がありますが、当てはまった項目の数でA~D判定までに分けられます。
診断チェックの結果を元に、今後の生活の過ごし方に役立ててください。

A判定
【0~1】
うつの可能性は低いです。しかし、チェックをしたということは何かに悩んでいたり心当たりがあるかもしれません。特に心配ないですが、問題を放置し目を向けないでいると次第にストレスが蓄積され、精神バランスを崩すおそれがあります。
たとえ小さな悩みでも、溜め込まずその都度解決しましょう。
また、抱え込まず周囲の人に話すことで気が楽になるかもしれません。このまま日々明るく、周りとの関係も健全に築けば、うつとは無縁の生活です。
しかし、全ての人が健康ではありません。自分が健康でも、周りにうつの人がいれば『がんばれ!』とは言わず、優しく耳を傾けましょう。
B判定
【2~3】
うつの可能性があります。毎日でなくとも、気分が晴れなかったり疲れを感じる日があるのは生活習慣が乱れているおそれがあります。
例えば、睡眠が十分にとれていない日が続くと集中力が低下したり、マイナス思考になったりと軽いうつの症状が現れます。
気になる場合は睡眠に関する問診を受けたり、日頃からストレスを溜めないよう注意しましょう。
C判定
【4~5】
うつの可能性が高いです。今、大きな悩みや問題に直面していませんか?
不調が体の疲れや不健康が原因なのか、こころの問題なのか見極めなければいけません。
『こころ』が関係していれば、心療内科を受診したり、頼れる家族や友人に胸の内を話しましょう。うつを抱える人が多い現代では、病院に行くことは恥ずかしくありません。
まずは、病院を受診し本当にうつ病なのか診断を仰ぎましょう。診断は、恐いことではなく原因を探る第一歩です。
精神バランスを崩している原因が、体にあるならば、まずはそこを改善しましょう。
D判定
【6~9】
うつの可能性大です。精神のバランスが崩れ不健康だと考えられます。
自分では手に負えない程の悩みがあるかもしれません。今の状態が続くとうつだけでなく、他の病気を患う危険性もあります。
現時点で健康でも、このままでは仕事だけでなくプライベートも楽しむことができなくなります。自分の今の状態を知り、何が原因となっているか探る必要があります。
今は、自分を客観視できる余裕がない状態と考えられるため、医師や家族の力を借りましょう。
中には理解のない言葉を掛けられ、傷つくこともあるかもしれません。そのためこころの専門家に頼ることが1番ベストな選択です。

レクサプロでうつ病治療

ガッツポーズする女性 うつに種類があるように、治療方法も1つだけではありません。
今まで1人で抱えていた悩みを信頼できる家族や友人に話すだけでも、気が休まるかもしれません。自分で感じていることを他人に話し、共感してもらうことは治療をする上でとても大事なことです。

そして、それと同時に薬を使用することもうつの治療には欠かせません。
こころのケアと乱れてしまった脳内環境の調整、どちらも必要不可欠なのです。
抗うつ剤に対して、いいイメージを持たない人も中にはいらっしゃるでしょう。『副作用が恐い』『薬漬けになってしまうんじゃないか』と薬を使ったことがない方が思うのは当然です。
しかし、レクサプロの様な安全性の高い抗うつ剤を使用すれば安心です。

うつはこころの病気であるため、痛みや傷は目に見えません。
目に見えないからまだ大丈夫・・・と軽く考えてしまいがちですが、目に見えないからこそ治療が大切です。薬を使って正しい治療に取り組みましょう。
年々患者数が多くなっている病気ではありますが、きちんとケアを行えば改善する病気でもあります。早めに症状に気づき、対処することができれば酷くなる可能性も低くなります。
副作用の少ないレクサプロを使って、本来の自分らしさを取り戻しましょう!