うつ病の治療に心理療法が行われることもあります。抗うつ剤の使用と並行して行うこともでき安心感が得られます!

うつ病に心理療法が最適な理由

うつ病と心理療法

カウンセリング うつ病の治療として、薬が用いられるだけでなく心理療法が行われることもあります。
抗うつ剤の副作用を気にしている方や並行して取り組まれる方もいます。
臨床心理士や医師との話し合いを通して、これまでの自分の考え方の傾向や人間関係・行動パターンを回顧します。「自分ってこう考えがちなんだ」「人間関係ではこんなことを繰り返す傾向にあるんだ」と知った上で、少しずつ修正していくと今までの生き辛さが軽くなったり、スムーズな日常生活を送ることができます。
現在、心理療法には多くの種類がありますがここでは、うつ病治療に有効とされている方法を紹介しています。

認知療法

落ち込む女性 この方法は、その人の『認知』を細かく検証し症状の緩和を目指します。
同じ出来事や状況にぶつかっても、感じ方・捉え方・受け取り方は人によって異なります。この個人によって違う見方や捉え方のことを認知と言います。
認知に、いい・悪いはなく肯定的なものもあれば否定的なものもあり、これら全てがバランスよく作用しています。
しかし、うつ病を患うとこのバランスが崩れ否定的なものに偏り認知の歪みが生じます。認知の歪みにもいくつかパターンがありますが、以下に挙げているものはその一例です。

・レッテル貼り
自分や他人に対して「自分って○○な人間、あの人は○○な人」とレッテルを貼ることです。
柔軟性に欠けるイメージを固定し、否定的な自己イメージを創り上げます。
「私は何をやっても駄目な人・・・、私っていう人間は・・・」という表現をするのが特徴です。

・全か無か思考
白か黒か、0か100かでしか考えられない極端な思考を指します。
常に自分にも他人にも完璧を求めるため、満足できません。

・プラスの否定
何気ないことやいい出来事を悪いことに置き換えることです。
困っている友達を助けても「私はただの偽善者」と自己否定したりします。

・すべき思考
自分の中の基準を絶対と考え、それに沿って行動することが当たり前とする思考パターンです。
「~すべき」「~でなくてはいけない」という意識が強くあり、一般的に考えてという言葉をよく使うのが特徴です。

このような認知は自動思考と言われ、状況によって自然にでてきます。
認知療法においては、この自動思考がどのような状況で引き起こされたか、その際の気持ちはどんなものか、代わりとなる肯定的な認知はないかを探ります。
元のバランスが取れた多様な認知をできるようにすることで、うつの改善を目指します。認知だけではなく、日常生活の記録や計画を行い行動面にも働きかけることで、治療がよりいい方向に進みます。

支持的精神療法

ハートを持つ女性 最も一般的な方法で不安を取り除くことを目的としています。
『支持』には患者をバックアップする、心身の根底から支えるという意味が含まれますが、要求を全て叶えるわけではありません。
方法は抱えている悩みや不安、孤独感を話し、共感してもらいます。そうすることで感情の吐き出しができ、希望や安心感が得られ気持ちが和らぎます。
治療者は、患者の話に対していい・悪いなどの価値判断をしなければ、無理に励ますこともしません。あくまでも支持に徹底し気持ちを軽く、精神を安定させることを目的としています。


支持的精神療法の特徴は3つあります。
・共感:相手を理解する、相手の主観に自分の主観を合わせる。
・受容:相手の存在そのものを無条件に受け止める。
・傾聴:否定も支持もせず最後まで話を聞く。

対人関係療法

前向きな女性 努力を重ねると治療効果が上がるとされている方法です。
対人関係の問題はうつの症状に深く関わるとされているため、その解決を目指し症状の緩和を目指します。
出来事や心の苦しみにフォーカスするのではなく、症状に関わる『対人関係』に目を向けます。自分がストレスを感じている人間関係を探りだし、どうやれば上手くいくか、どうすればトラブルを避けられるかを考え具体的な方法やスキルを身につけます。

以上が、うつ病治療に用いられる心理療法です。
抗うつ剤の副作用が心配で薬の使用に踏み切れない方は、試してみるのもいいでしょう。薬だけでなく、心の安定を人との会話やカウンセリングで図るのも重要です。