サインバルタは効果のあるSNRI系の抗うつ剤です!半減期が短いのが特徴ですが腰痛にも有効です。

うつ病治療にレクサプロ

サインバルタ

サインバルタ サインバルタは、有効成分のデュロキセチン塩酸塩が配合されたSNRI系の抗うつ剤です。 国内では2番目に承認されたSNRIの薬で、2010年から処方が開始されています。ジェイゾロフトなど他のSSRIとの相違点は、セロトニン、ノルアドレナリンの2つの神経物質に働く点です。

「気分の落ち込み」などを改善する以外にも「意欲や気力」といった面も改善します。単純に計算しても2つに働くため、その有効性はSSRIに比べても高いです。また、2016年には慢性的な腰痛によって起こる痛みにも効果が確認されました。

サインバルタの効果

両手を上げて喜ぶ女性 セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内神経物質を増加させます。その働きにより、うつでよくみられる不安感や焦りの症状を改善へと導きます。うつに用いられる薬の効果を実感するには、時間が掛かります。

しかし、サインバルタは服用からおよそ1週間程と早く効果を感じられる点がメリットです。薬によっては効果が現れるまで1ヶ月掛かることもあるため、すぐに効果を求める方にお勧めです。

また心因性の痛み緩和にも使用可能で、糖尿病性神経障害線維筋痛症の改善にも有効です。高血糖になると神経細胞の働きに異常が起き、しつこい痛みや手足の痺れが続きますがその痛みを和らげます。

慢性腰痛への効果

腰を抑える女性 慢性腰痛とは、腰の痛みが3ヶ月以上続くものを指します。男女問わず若者から中高年まで患う可能性のある痛みとされ、病院で検査を受けても、その半数以上が痛みの原因を明らかにできません。整形外科や整体・鍼灸に通っている方も多く、湿布や鎮痛薬を使用した経験があるでしょう。

鎮痛薬など治療に用いられる薬は痛みに効きますが、2016年には抗うつ剤として知られるサインバルタの慢性腰痛への効果も承認されました。そのため慢性腰痛の場合、保険適用内でサインバルタの処方が可能となりました。

効果を検証する試験も実施済みで、偽薬を飲むグループとサインバルタを服用するグループ2つを比較しています。その結果、偽薬よりも腰痛の改善、日常生活が制限される症状の改善が見られ、有効性が証明されました。

サインバルタの通販はコチラ
※リンク先はサインバルタのジェネリックを販売しています。

効果を実感するのはいつから?

いつから効果を実感できるのか、服用する人にとっては、とても気になることだと思います。1週間程で効果を実感する方もいますが、実際には飲み始めてから2~4週間で実感する方が多いです。

体質やそのときの身体の状態も関係してくるため、あくまでも目安として考えておきましょう。すぐに効果が出なくとも、人それぞれで服用開始と効果発現までにはタイムラグがあることを忘れないようにしてください。

しかし、サインバルタは服用から8~17時間で濃度が半分になります。そのため、3日間続けて飲めばサインバルタの濃度を一定に保つことができ、効果を時間する期間も早くなる可能性があります。

サインバルタの半減期

時計 「半減期」とは薬の服用後から血中濃度が半分になるまでに要する時間のことです。この時間を目安にすると、効果や副作用の出方が分かります。

半減期が短いと薬はすぐに身体からなくなり、長いと身体に蓄積されます。気になるサインバルタの半減期は10.6時間です。つまり、服用から10.6時間経つと薬の成分が弱まっていきます。半日も経つと薬の最大血中濃度が半分にまで減少すると考えておくといいでしょう。

極端に短くはないですが、他の薬と比べると短いのが分かります。例えば四環系の薬であるルジオミールの半減期は、46時間です。そのため離脱症状の発現も予想されますが、過度に心配する必要はありません。レクサプロと離脱症状でも説明した通り、身体は除々に慣れていきます。

サインバルタの副作用

頭を抱える女性 成分が全身の臓器や作用目的以外の部位に作用することで、セロトニンやノルアドレナリン濃度が高まり症状が現れることがあります。しかし、安全性。効果も高い薬で他の抗うつ剤と比べても副作用は軽減されています。

報告されている症状として、眠気・吐き気・頭痛・便秘・めまいがあります。例として、睡眠中枢でセロトニンが作用すると不眠に陥り、腸に作用すると下痢の原因となります。

また、場合によっては尿の出が悪くなることもあるため、前立腺肥大症・高齢の方は特に注意が必要です。めったに起こらないですが、重い副作用として幻覚・粘膜障害・痙攣・悪性症候群・高血圧クリーゼが確認されています。どの症状も服用開始直後に現れることが多く、時間が経過すると治まります。

吐き気の改善策

耐え切れないほどの酷い副作用に悩まされた際は、胃薬との併用ができます。医師に相談すれば、一緒に処方してもらえます。また、もともと胃腸が弱い方は最初に医師に伝え、胃腸が弱くても飲んで大丈夫か確認しましょう。
副作用は、辛く悩ましい問題ですが薬がきちんと効いている証でもあります。焦らず治療に向き合いましょう。必要に応じて他の薬を使う手もいいですが、吐き気に効くとされる梅醤番茶や生姜の入った飲み物に頼ってみるのもお勧めです。

副作用の期間

サインバルタで副作用が起こることは稀ですが、もしも副作用が現れたらいつまで続くのか気になるかと思います。症状が出た際は、いつまで我慢しなければいけないのかと不安になることもあるでしょう。

人によって異なりますが、サインバルタでの副作用の期間はおよそ1週間~2週間です。特に、イライラや不安感など精神的な症状は、一時的であることがほとんどですぐに治まります。
いつまで続くのか不安がよぎっても、あと1週間程度すれば治まると考え少し我慢してみましょう。身体が慣れれば、自然に症状は治まります。

サインバルタの服用方法

錠剤と水 うつ改善目的で使用する場合は、通常デュロキセチン40mgを1日1回朝食後に服用します。服用始めは1日20mgから行い、7日間以上空けて20mgずつ増量していきましょう。薬の増量は、1日60mgまでとされており効果が不十分の場合のみ行いましょう。

投与量は必要最小限に留め、体調などを慎重に観察し調整しなければいけません。また、慢性腰痛症や変形性関節症による疼痛緩和のために用いる際は、1日1回朝食後にデュロキセチン60mgを飲みましょう。

サインバルタの通販はコチラ
※リンク先はサインバルタのジェネリックを販売しています。

サインバルタと子供の内服

俯く子供 子供でもうつ病を患うことがあります。10歳~14歳までの死因には自殺が入り、大人のうつ病とは違い行動面や身体面での変化が特徴です。成長に応じて体重が増加していくにも関わらず増加しない落ち着きがない寡黙などの症状が現れますが、抗うつ剤は子供に対しての安全性・有効性は不明です。

そして、添付文書にも有効性が未確認であると明記されています。ハッキリ判明していないため、効果の有無はどちらの可能性もあります。そのため、12歳以上でも子供には服用させない方がいいでしょう。

効果が出る可能性もゼロではないですが、リスクのほうが高いです。賦活症候群(アクチベーションシンドローム)が起こることがあります。攻撃性躁状態敵意衝動性を起こし最悪の場合、リストカットなどの自傷行為・自殺行為に至ることがあるため危険です。
子供の服用が絶対的に禁止ではないですが、避けた方が無難でしょう。また、もしも服用する際は周りの大人は、注意を怠ってはいけません。

妊娠・授乳中のサインバルタの服用

サインバルタの添付文書には、「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回った場合にのみ使用すること」と書かれています。つまり、服用のリスクよりもサインバルタを服用することで、うつなど他の症状への効果を重視する方がいいと判断できた場合は、服用しても問題ないです。

しかし、妊娠中の服用で赤ちゃんが離脱症状になるケースもあります。妊娠中は体調に異変が起きやすいので、きちんと専門医と話し合い、自己判断のみの服用はやめましょう。

母体への影響

サインバルタの副作用に高血圧と出血傾向があります。そのため、「妊娠高血圧症候群」を起こす恐れがあります。妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降で分娩後12週までに見られる高血圧のことを指します。

妊娠中毒症と呼ばれ、母体に負担が掛かり危険な状態に陥ることがあります。初産、肥満、高年齢の方は特に引き起こりやすいため、要注意です。また、出産の際に出血が止まらなくなる危険性もあります。出血が止まりにくいと、輸血の可能性も高まります。

胎児への影響

サインバルタに限らず、妊娠中の薬の服用は胎児に影響が出る恐れがあります。出産後の胎児に栄養が行き届いていなかったり、元気がなく入院を要する場合があります。しかし、サインバルタの服用と先天奇形の因果関係はありません。服用をしても大丈夫ですが、鎮静が強く出ることもあると覚えておいてください。

授乳中考えられる影響

授乳中にサインバルタを服用すると、赤ちゃんにも母乳から薬の成分が行き届きます。しかし薬の濃度が低いため、副作用が起こり危険とまでは言えません。ただ鎮静の影響により、活動性が減り元気消失といった症状になることはあります。

サインバルタが向いている人

内科または整形外科で原因不明と診断された痛みにお悩みの方
意欲低下が1番のお悩みの方
仕事や家庭を両立しながら治療を進めたい方
焦りが強くない方

薬の特徴を踏まえると、上記に当てはまる方は最適です。ノルアドレナリンが働くため、眠気の心配が他の薬より少ないです。そのため、眠気が起きにくく仕事に影響が出る可能性も低いです。また、意欲を高めたい方にも最適です。しかし、反対に焦りによる苦しさに悩まされている方には向きません。

「身体が全然動かない」「早くどうにかしなきゃ」「こんなに真面目に向き合っているのになんで」というように焦りが湧いているときは、意欲向上の薬よりも気持ちを穏やかに安定させる薬の方がベストです。
他にも、頭痛や首の痛みといった身体の痛みにも最適です。

サインバルタの薬価

サインバルタの現在の薬価は、1錠あたり20mgで173.5円、30mgで235.3円となっています。しかし、サインバルタのジェネリックであればその薬価は下がります。

個数 1錠
20mg × 100錠 44.5円 4450円
30mg × 50錠 85.6円 4280円
40mg × 50錠 98円 4900円
60mg × 50錠 125円 6250円

上記は抗うつ剤の個人輸入サイトであるコンビニ薬局の価格を参考にしています。そのため、サイトによって値段差はありますがジェネリックの方が安いのは明らかです。

サインバルタの通販はコチラ
※リンク先はサインバルタのジェネリックを販売しています。

サインバルタの強さ

サインバルタの強さが分かる分析結果があります。その結果は、あらゆる抗うつ剤を比較した論文を集めて分析したもので、ランセットという有名専門誌にも掲載されました。

惜しくもサインバルタは有効性・安全性ともに10位という結果で評価はイマイチでした。しかし、この分析結果においてサインバルタのデータは他の薬よりも乏しかったです。
また有効性の判断基準も「薬が反応するか」だけでの結果です。サインバルタは反応ではなく、寛解での有効性が高いため基準が違えば、順位は変わっていたでしょう。

強さだけで考えると三環系抗うつ剤が強いですが、その代わり副作用が強く出てしまいます。その点を踏まえると、サインバルタは効果がしっかりあり尚且つ安全に使用できます。

サインバルタを使った人の感想

30代(男性)
働き盛りの30代にうつ病になってしまいました。原因はありがちですが、「仕事」です。入社したときはこれから社会人として、頑張っていこう!30代になったら結婚もして、仕事でも成果を出して出世していこうと目標がありました。ですが、現実は厳しく仕事量の多さ、人間関係で病んでいきました・・・。

正直、身体も心も限界で「もう駄目かもしれない」と何度も思いましたが、もうちょっと頑張ってみようと自分を奮い立たせて過ごしていたら倒れてしまいました。職場には休職していいよと言ってもらえましたが、休んだ後復帰できる自信もなく辞めてしまいました。

仕事を辞めたら、気持ちも落ち着いて治るだろうと思っていましたが、人と関わるのも働くのも恐くなりどんどん症状は悪化していきました。そのことを友人に話すとネットで買えるサインバルタを勧められ服用することにしました。

飲み始めてから3日間は吐き気があり、結構キツかったです。どの薬を使っても最初はキツイことがあると知っていたので、身体が慣れるまで我慢して飲むのを続けたら自然と「外に出たい」「働きたい」と思うようになりました。2週間も飲めば気持ちがスッキリしてくるのを実感できると思います。
20代(女性)
旦那の浮気が原因で離婚しました。それからとゆうもの、経済的にも気持ち的にも余裕がなくなり次第に病んでいきました。病院に行くと「うつ」と診断され薬物治療が始まりました。最初に処方された薬は相性が悪かったのか、効き目を感じることができず副作用が強く出ました。

終いには病院に行くのも億劫になり、薬を飲まなくなりました。そんなときに見つけたのがサインバルタでした。通販は誰にも顔を合わせず買うことができるので楽でした。唯一、副作用だけが心配でしたが全くなく1週間も経つと気持ちが落ち着きました。

服用する前までは、どうしてこんなに上手くいかないんだろう・・・。浮気されたのもきっと自分に原因があるんだ、死んでしまいたいと自分を責めてばかりいました。そして、まともに生活できない自分にイライラと焦りが募っていましたが、飲み始めてから少しずつ進んでいこうと思えるようになりました。

誰かに何か言われたわけではなく、飲み始めてから思うようになったので薬の効果の表れだと思います。たまに眠気に襲われることがありますが、本来の眠気なのか薬の作用なのかは分かりません。ですが、生活に支障が出る程ではないのであまり気になりません。まだ完璧に完治してはいないので、自分のペースでこれからも服用を続けてみたいと思います。

サインバルタの通販はコチラ
※リンク先はサインバルタのジェネリックを販売しています。

サインバルタの離脱症状

サインバルタの服用で離脱症状が起こることがあります。服用をやめたとき、もしくは減薬後、数日以内にめまい不眠頭痛など不快な症状が現れた際は離脱症状を疑ってください。

うつの再発と間違えやすいですが通常、断薬や減薬では数日以内に体調に異変が現れ、1~3週間後には落ち着くケースが殆どです。また、断薬した方は服用の再開、減薬した方は元の量に戻すことで症状が消えます。

自己判断により症状が発現するケースが多いですが、専門医のもと慎重に行っても出ることがあります。スピードは無理なく緩やかにしましょう。

他にも、未成年・サインバルタの服用で焦燥感が増した方過去にも体調に異変が出た方2ヶ月以上服用している方は症状を起こしやすいです。自分の状態が上記に当てはまれば注意が必要です。何週間経ってもよくならない場合は、すぐに専門医を頼りましょう。

サインバルタの禁忌・併用注意

モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤、セレギリン塩酸塩(エフピー)を飲んでいる方は、原則サインバルタは飲めません。また、薬の有効成分であるデュロキセチンの成分にアレルギーがある方、重度の肝機能障害・腎機能障害、緑内障がある方の服用も禁止です。

併用注意事項としては、アルコールです。アルコールと一緒に飲むことで、肝機能の悪化や中枢神経抑制効果が増す恐れがあります。他の抗うつ剤との併用も控えてください。