サインバルタは効果のあるSNRI系の抗うつ剤です!半減期が短いのが特徴ですが腰痛にも有効です。

抗うつ剤の副作用とレクサプロ

サインバルタ

サインバルタ サインバルタは、有効成分のデュロキセチン塩酸塩が配合されたSNRI系の抗うつ剤です。 国内では2番目に承認されたSNRIの薬で、2010年から処方が開始されています。
SSRIと異なるのは、セロトニンとノルアドレナリンの2つの神経物質に作用するので、「気分の落ち込み」などを改善する以外にも「意欲や気力」といった面も改善してくれます。単純に計算しても2つに作用することからその有効性はSSRIに比べても高いと考えられています。また、2016年には慢性的な腰痛によっておこる痛みにも効果が認められています。

サインバルタの作用・効果

セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内神経物質を増加させます。その働きにより、うつでよくみられる不安感や焦りという症状を改善へと導きます。
うつに用いられる薬の効果を実感するには、時間が掛かるとされています。しかし、サインバルタは服用からおよそ1週間程と早く効き目を感じられる点がメリットです。
薬によっては効き目が現れるまで1ヶ月掛かることもあるため、すぐに結果を求める方にお勧めです。また心因性の痛み緩和にも使用することができ、糖尿病性神経障害・線維筋痛症の改善にも有効です。高血糖になると神経細胞の働きに異常が起き、しつこい痛みや手足の痺れが続きますがその痛みを和らげてくれます

サインバルタの副作用

成分が全身の臓器や作用目的以外の部位に作用することで、セロトニンやノルアドレナリン濃度が高まり症状が現れることがあります。しかし、安全性の高い薬で他の抗うつ剤と比べても副作用は軽減されています。
報告されている症状として、眠気・吐き気・頭痛・便秘・めまいがあります。例として、睡眠中枢でセロトニンが作用すると不眠に陥り、腸に作用すると下痢の原因となります。

また、場合によっては尿の出が悪くなることもあるため、前立腺肥大症・高齢の方は特に注意が必要です。めったに起こらないですが、重い副作用として幻覚・粘膜障害・痙攣・悪性症候群・高血圧クリーゼが確認されています。
どの症状も服用開始直後に現れることが多く、時間が経過すると治まります。

吐き気の改善策

耐え切れないほどの酷い副作用に悩まされた際は、胃薬との併用ができます。医師に相談すれば、一緒に処方してもらえます。
また、もともと胃腸が弱い方は最初に医師に伝え、胃腸が弱くても飲んで大丈夫か確認しましょう。副作用は、辛く悩ましい問題ですが薬がきちんと効いている証でもあります。焦らず治療に向き合いましょう。
必要に応じて他の薬を使う手もいいですが、吐き気に効くとされる梅醤番茶や生姜の入った飲み物に頼ってみるのもお勧めです。

サインバルタの服用方法

うつ改善目的で使用する場合は、通常デュロキセチン40mgを1日1回朝食後に服用します。
服用始めは1日20mgから行い、7日間以上空けて20mgずつ増量していきましょう。薬の増量は、1日60mgまでとされており効き目が不十分の場合のみ行いましょう。
投与量は必要最小限に留め、体調などを慎重に観察し調整しなければいけません。また、慢性腰痛症や変形性関節症による疼痛緩和のために用いる際は、1日1回朝食後にデュロキセチン60mgを飲みましょう。

サインバルタの半減期

「半減期」とは薬の服用後から血中濃度が半分になるまでに要する時間のことです。この時間を目安にすると、効き目や副作用の出方を知ることができます。
半減期が短いと薬はすぐに身体からなくなり、長いと身体に蓄積されると言われています。気になるサインバルタの半減期は10.6時間です。 極端に短いわけではありませんが、どちらかというと短いです。そのため離脱症状が起こることも予想されますが、過度に心配する必要はありません。

サインバルタが向いている人

内科または整形外科で原因不明と診断された痛みにお悩みの方
意欲低下が1番のお悩みの方
仕事や家庭を両立しながら治療を進めたい方
焦りが強くない方

薬の特徴を踏まえると、上記に当てはまる方は最適です。
ノルアドレナリンが働くため、眠気の心配が他の薬より少ないです。そのため、眠気が起きにくく仕事に影響が出る可能性も低いです。
また、意欲を高めたい方にも最適です。
しかし、反対に焦りによる苦しさに悩まされている方には向きません。「身体が全然動かない」「早くどうにかしなきゃ」「こんなに真面目に向き合っているのになんで」というように焦りが湧いているときは、意欲向上の薬よりも気持ちを穏やかに安定させる薬の方がベストです。
他にも、頭痛や首の痛みといった身体の痛みにも最適です。