薬による治療にはメリットはもちろんですが、デメリットもあります。医師の指導を受け理解した上で使用しましょう。

うつ病治療にレクサプロ

薬による治療のメリット・デメリット

うつ病は主に薬を用いて治療をする必要がありますが、薬を使用する際のメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。抗うつ剤の中でも特に処方の機会も多いSSRI系統の薬についての説明となります。

メリット

SSRI系統が優れている点として「副作用が少ない」ということが挙げられます。SSRIより前に処方が行われていた抗うつ剤(三環系など)は脳の中の関係のない部分にまで作用してしまうことで、副作用が発生する確率やその症状が重くなってしまう傾向にありました。

便秘、排尿困難、口やノドの渇きなどの副作用症状は「抗コリン作用」と呼ばれるもので、少し難しい話ですがアセチルコリンがその分泌量を調整する器官へと結びつく事まで阻害してしまう為に起こります。

この物質に関わりのある神経に影響を起こすことで上記のような副作用症状を起こしてしまいます。

それに対して、SSRIはセロトニンの調整を行っている器官にのみ作用するので「抗コリン作用」を起こしにくいとされています。

デメリット

副作用が少ないという事は説明しましたが、まったく起こらない訳ではありません。
この系統の薬を飲み始めてから1~2週間は、吐き気、胃のむかつき、下痢などの胃腸への症状をほとんどの方が経験します。

その理由として、胃の粘膜にあるセロトニンの受容体が薬によって影響を受けるためとされています。

ですが、1~2週間を経過すれば次第にからだが慣れるので症状も治まると言われています。

また、「シャンビリ」と呼ばれる離脱症状を起こしやすいとも言われています。この名前の由来は薬をやめた際に、シャンシャンと耳鳴りを起こすことや、手や足がビリビリすることが由来になっています。

デメリットとしてはもう1つあり、「効くまでに時間がかかる」ということです。三環系は、飲み始めから1~2週間で効果を発揮のに対して、SSR系は、2~4週間と約2倍の期間がかかります。

個人差もあり、抗うつ剤の種類にもよるのであくまでも目安ですが、効きが良い人は1~2週間で効き目を実感できる人もいます。

服用する前に知っておきたいこと

治療を開始したその日から治療に必要な用量を服用することはできません。
少量からスタートして1ヶ月かけて次第に用量を増やしていきます。また脳内の物質をきちんと安定させるまでには1年はかかるというデータもある事から気長な取り組みは必要となります。

また自分の判断で薬を飲んだり飲まなかったりという事は効き目を不安定にしてしまい十分な効果を得られなくなるので医師の指示通りの服用が大切になります。