レクサプロをod(オーバードーズ)してしまった際の危険性について説明しています!

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロのodの危険性

コップと薬を持つ人 odとは、オーバードーズと言って「過剰服薬」を意味しています。分かりやすく説明すると、決められた用法・用量を守らずに過剰に薬を服用することです。odの危険性は薬全てにおいて言えることですが、今回はレクサプロでのodによって起こる危険性について説明したいと思います。

まずレクサプロでodしてしまう理由は2つ考えられます。1つめは、服用を続けていくうちに規定量では効果を実感できなくなり、服用量を増やしてしまった場合。

2つめは、病気の辛さから早く解放されたいという逃避の気持ちが強くなってしまった場合です。これらどちらかの理由によって、レクサプロをod・過剰服薬してしまう方がいます。
また精神疾患を患っている場合、服用している薬は1つとは限りません。さまざまな種類の薬を併用している場合は、特にodになってしまうリスクが高まります。odを安易に考えてはいけません。副作用の危険性はもちろん、最悪の場合は死亡してしまうことも考えられます。

仮に薬のodで死に至らなかった場合でも、レクサプロの重大な副作用を招き、病状の悪化に繋がります。そのため、過剰服薬は絶対にやめましょう。

レクサプロの致死量

大量の薬 そもそもodの基準は、処方薬・市販薬に限らず定められた量より多く飲んでしまった時点でodとなります。そのため1、2錠くらいなら大丈夫だろう・・・と考えても、規定量よりも上回った時点でリスクが生じます。必ずしも何百錠と大量に飲むことだけではないのです。この基準を知らずに、多めに服用している方がいればすぐに規定量に戻してください。

レクサプロの致死量は、正確には分かっていません。しかし、医薬品の致死量についてはLD50(半数致死量)と呼ばれる数値が存在しています。その数値によると、「LD50以上で50%の死亡率がある」ということが判明しています。

マウスやウサギを使った動物実験のデータをもとにすると、体重60kgの人の場合レクサプロ1800錠が致死量となります。一見すると、「1800錠なんて飲むわけがない」と思ってしまいそうですが、これはあくまでも半数致死量です。つまり、これよりも少ない量でも死亡率があることも考えられるのです。

また、他の薬との混合過剰服用であればそのリスクは高まり、どの程度が致死量にあたるかは予測が困難になります。上記で挙げた量よりも少ない量でも死に至るケースもゼロではありません。しかし、他の薬と比較すると、抗うつ剤の過剰服用ですぐに命に関わる確率は低いです。

odしてしまう人の心理

ハートの木 odは自傷行為です。無意識に現実からの逃避や快感を得る目的で繰り返す方もいます。繰り返す方の心理には、大量に飲むことで得られる感覚と一時的な安心感にあるといえます。特にうつ病などで精神が不安定なときは、自分でも気づかない内に用量を増やしていることもあります。酷い方になると1日150~200錠を一気に飲んでしまう方もいます。

レクサプロを大量に飲むことで安心感が得られたとしても、それはやはりストレスや不安を回避するための一時的な手段に過ぎません。自分でも分かっているけど止められない、止めてくれる人もいない場合もあります。

本人が苦しい状況であることは間違いないですが、odをするということは自分で自分を苦しめているということになります。心に溜め込んでいる苦しさは、心理療法や専門のカウンセリングを受けることで、取り除けることもあります。理由も分からず繰り返してしまう方は、受けてみるといいでしょう。治療の中で、自分の心と向き合うとodも自分を助けるために行った行為だと理解できる日がくるはずです。自分自身が自分を認めていくことが、心の安定に繋がります。

もしもodしてしまった場合の対処法

黒板とチョーク レクサプロの服用は用法・用量を守るのが基本ですが、もしも身近な人がodしてしまった場合は迅速な対応が求められます。もしも、意識がある場合はすぐにレクサプロを吐き出せましょう。

無理には吐かせず水や食塩水を飲ませ、ゆっくり吐き出せましょう。その際に、無理に吐かせると食道を傷つけるおそれがあるため、気をつけてください。

最も緊急を要するときは、意識がない場合です。本人に意識があれば、吐かせたり安静にすることで対処できますが、意識がない場合は救急車を呼びましょう。医師でない素人ができることは少ないため、できるだけ早く救急車を呼ぶことが重要です。緊急に対応できさえすれば、その後、状態をみて気道確保や胃洗浄、酸素吸入等が行われるため助かる確率が高くなります。

レクサプロとod

大量の薬 レクサプロをodしてしまうと、副作用や場合によっては死に至るケースも考えられます。そして、何より過剰服用は自分自身を苦しめます。精神が安定しないときは、睡眠障害や不安障害を抱えていることもあります。そして、レクサプロを飲んでいても効果が思うように出ていないと感じることもあるかもしれません。

しかし、そこで規定量を守らず服用をしてしまうと病状は改善するどころか、悪化してしまいます。「もうこんな苦しい状況は嫌だ」「早く抜け出したい」と思うことがあっても、1度odをしてしまうとその後も癖になり抜け出せなくなる可能性が高いです。家族や身近にいる信頼できる人を頼り、薬は用量を守りましょう。

レクサプロは用法・用量を守った服用で十分効果が期待できる薬です。また、効果を実感するまでの時間は人によって異なるため、あまり焦らないようにすることがポイントです。