大切な家族や愛する人がうつ病になってしまったら、黙って相手に寄り添ってあげることが大切です。

うつ病治療にレクサプロ

愛する人がうつ病になったとき

男性も女性も大切な人あるいは愛する人がもし、うつ病になったらと考えた事ありますか?相手を支える為に必要なことを今回は紹介していきます。

頑張れ!の一言に注意

なぜ頑張れがいけないんでしょうか?メランコリー型のうつ病の特徴に真面目や責任感が強いなどの人がなりやすいことがあります。

そのため、休んでいる時に「さぼるわけにはいかない…」、「休んでいるせいで周囲に迷惑をかけている…」など自分に対して厳しい考え方をもってしまう方が多いのです。

「頑張ろう」、「気合いで」など勇気づけるつもりで言った一言を、より自分のこころに負担を重ねるようにしてしまうのです。


その結果、「周りに頑張れと言われているのに、頑張れていない自分はダメ人間…」などと考えるようになり、これが悪化すると最悪、自殺に至ってしまう事だってあります。

そのため、このようなタイプのうつ病の方には、「更に圧をかけるような一言」は、絶対に言ってはいけないことになります。

黙って相手に寄り添うことが大切

うつ病だった方が過去を振り返った時に、

「苦しいし辛かったけど、愛する人がそばにいてくれた」

「大事だよ、できることは言ってよなどの優しい一言が支えになった」

など時にしずかに寄り添ってあげることや、時に優しい一言を伝えてあげる事はこころの支えになるはずです。

会話以外のコミニケーション

メモや留守電、メールなど会話以外でも気持ちを伝えられる方法はあるはずです。

症状の1つとして「理由のない、孤独感」があります。

1人で辛い時に声が録音された留守電やその人の思いが詰まった言葉が残っているだけで、少しでも孤独感を緩和させ、支えになれるはずです。

時に会話よりも大きな効果を与えてくれます。

過小評価を絶対にしない

悲観的や罪悪感など、うつ病の方は理由のないマイナスな思考になっています。支えとなるあなたが「なにがそんなに辛いの?」と理解出来ないこともあるはずです。

でも、それを本人に伝えたり、自分の物差しで判断することは絶対に避けるべきです。「気にし過ぎじゃない?」「そんなことで泣かないで」などを言ってしまったら、その人はどう思うでしょうか?

愛する相手が辛いと思っていたら、その人にとっては辛いことなんです。辛いことを評価してしまうのではなく、その辛いということだけを真っすぐに受け止めてあげてください。
そして、必要であれば抗うつ剤なども使用し焦らずゆっくり治療を行うことが大切です。