大切な家族がうつ病になってしまったら、黙って相手に寄り添ってあげることが大切です。

うつ病治療にレクサプロ

家族がうつ病になったとき

隣同士に座る男女 もしも大切な家族がうつ病になったらと考えたことはありますか?心配で放っておけないからといって、むやみやたらに声を掛けることはベストな選択とは言えません。また、最も親しい間柄であるが故に本人はなかなか本心を言えず、気づくのが遅くなることもあります。

1番近くで寄り添う家族として、助けてあげたい、苦しみを取り除いてあげたいという気持ちが湧き起こるかもしれませんが、まずは相手を支える為に必要なことを理解することが重要です。
うつ病は精神的な病のため、たとえ家族でも言葉や接し方が悪いと治るどころか、症状が悪化するケースもあります。
適切な知識と共に病と向き合っていく心構えが、こころの支えになります。

頑張れ!の一言に注意

会話する女性 うつ病の種類で説明したメランコリー型に該当する方、つまり真面目で責任感が強い人には特にこの言葉はNGワードになります。理由は、その責任感の強さから休んでいる時でさえ「さぼってはいけない…」「私が休んでいるせいで周囲の負担を重くしている」など自分自身に厳しい考え方を持つ方が多いからです。

「頑張ろう」「気合いでなんとかなる」など勇気づけるつもりで言った言葉が、相手のこころに更に負担を掛けます。そして、「周りに頑張れと励まされているのに、頑張れない自分はダメ人間」という思考に陥り、これが重症化すると最悪の事態として、自殺を招くおそれがあります。
よって、上記のようなタイプのうつ病の方には、「更に圧をかける様な一言」は決して言わないようにしてください。

黙って相手に寄り添うことが大切

手を繋ぐ人 うつ病だった方が病を振り返った時に、「苦しいし絶望的だったけど、どんなときも家族はずっと傍にいた」「大事だよ、何でも言ってねなど家族の優しい一言が支えになった」と言うように、ただただ暖かく寄り添うこと優しい一言が、こころの支えです。

特に発症当時は、本人でさえも何故そうなったか原因が分からない場合が多々あります。それにも関わらず周りがといただすと、本人を追い詰めます。

うつに年齢は関係ないです。子供も大人も、そして男女問わずなりうる病です。なりやすい人がなる病、なる人はメンタルが弱いという考えはやめ、誰もがなりうることを前提に接しましょう。

会話以外のコミニケーション

手紙 家族といえども離れて暮らす場合は、常に寄り添うことはできません。しかし、手紙や留守電・メールなど会話以外でも気持ちを伝える方法はあります。症状の1つとして「理由のない、孤独感」があります。1人で辛い時に声が録音された留守電やその人の思いが詰まった言葉が残るだけで、孤独感が緩和されます。

時には会話よりも大きな効果を発揮します。こまめに連絡を取るなど気にかけることがポイントです。しかし、気を遣いすぎるのもよくありません。本人の気持ちを汲み、言葉にも注意は必要ですが、気を遣われ過ぎると本人が恐縮するおそれがあります。無理に励まさず、何気ない会話や趣味の話を今まで通りするといいでしょう。

過小評価を絶対にしない

抱き合う男女 悲観的や罪悪感など、うつ病の方は理由のないマイナス思考になっています。支えとなる家族が「何でそんなに辛いの?」と理解出来ないこともあるはずです。しかし、本人にそのまま伝えたり、自分の物差しで喋ることはやめましょう。「気にし過ぎだよ」「それくらいで泣くな」と言われると相手はどう感じるか想像してください。

本人が辛いと感じれば、それは辛い他ありません。辛いことを評価するのではなく、その辛い思いだけを真っ直ぐに受け止めましょう。

生活のサポート

料理をする女性 精神的に落ちているときは、生活リズムを崩しがちです。マイナスな考えが頭をよぎり眠れない場合もありますが、抗うつ剤の副作用で不眠や倦怠感を感じるときもあります。

生活リズムの乱れは、治療経過の悪化に繋がります。しかし、病院では患者1人1人の生活を細かく把握することは出来ません。入院を除いては、医師の診察を受け、薬を処方してもらう他ありません。そのため、生活のサポートは家族の役目です。

朝の起床が遅ければ起こしてあげる。食欲がなくご飯を食べなければ、軽く何か食べてみない?と聞いてみる。その他にも、これなら食べられそうという物があれば、買ってきて食べさせてあげるなど、サポートしましょう。その際は、決して無理強いしないようにしましょう。家に引きこもっていても無理矢理連れ出すのではなく、「外の方が心地いいよ」などと自然に相手の行動を促しましょう。

診察に同伴する

医者と患者 うつ病の方は話すこと自体が苦痛で、自分の感情を上手く伝えきれない場合も多いです。また、医師に「何か変わったことはありましたか?」「体調はどうですか?」と聞かれても「大丈夫です」と答えてしまうことが多いです。医師は1日中患者の傍にいて様子を見ているわけではないので、現状が分からなければ適切な診察ができません。

その際に、家族が診察に同伴し自宅での様子を伝えると医師はそれに合った治療法を提案することができます。それは、医師だけでなく患者にとっても望ましいことです。仕事や家庭の事情によっては、同伴が難しい場合もあって当然です。しかし、時間や都合がいい場合はなるべく診察に同伴するようにしましょう。

家族にうつ病の方がいる人のストレス解消法

両手を広げる女性 家族を傍で支えているからこそ、他の人には見えないことが目に付くことがあります。そして、支える立場である自分自身が、相手を見るとイライラしたり、疲れてしまうこともあります。

うつ病のことを理解して、頭では分かっていても「もっとこうしたらいいのに・・・」「できないばっかり言わないでよ」「私だって疲れた」と本音では思ってしまうこともあるでしょう。

それは、決して悪いことではありません。そして、そのことで自分自身を責めるべきではありません。一緒に生活をしていると、限界を感じてしまうこともありますが、自分へのケアも怠らないようにしましょう。それぞれの場合に応じた対処法を紹介しているので、参考にしてください。

疲れてしまったとき

音楽を聴く女性 「自分が支えなければいけない」という思いは捨てましょう。無理なら逃げてもいい、休んでもいいと自分に許可を出してあげることが大切です。また、疲れの溜まった身体には睡眠お風呂音楽が効果的です。

普段、朝の支度や家族の生活のサポートで睡眠時間が十分に取れない場合は、目覚ましをかけず眠る日を作るようにしましょう。時間に縛られない自然な眠りは、心も身体もスッキリさせてくれます。

好きな香りの入浴剤やバスソルトを使ってのお風呂も疲れを取るのには最適です。入浴はシャワーだけで済ませず、5分でも10分でもいいので湯船につかるようにしましょう。半身浴や全身浴をしながら雑誌を読んだり、音楽を聴いたり1人になれる唯一の時間を最大限楽しむようにしましょう。

イライラするとき

深呼吸する女性 自分だけのストレス解消法を1つでもいいので持つようにしましょう。そして、どうしてもイライラするときは聞き役に徹するようにしましょう。

どんなに相手が辛くとも、それは相手が感じた気持ちであって自分の感情ではありません。真剣に向き合わなければ駄目だと思い過ぎてしまうと、話を聞いてるうちにイライラしたり自分まで落ち込むことになります。

お勧めのイライラ解消法に、深呼吸があります。呼吸と心には深い関わりがあり、呼吸をすることで心を落ち着かせることができます。5~6回ゆっくりと息を吸い、吐き出しましょう。すると、徐々に心が落ち着き冷静になることができます。
他にも、イライラすることを全て紙に書き出すのもお勧めです。自分以外に他人が見ることはないため、思ったことをそのまま書いているうちにストレスが和らぎます。

うつ病が家族にうつる可能性

首を傾げる女性 うつ病がうつることは理論的にありません。しかし、生活を共にしていたり傍にいる時間が長いため、他者より多く接する機会があります。そのため、サポートしている側が面倒を見ているうちに、うつ病を発症するケースは多々あります。

類似性の親近効果といって、親しい関係にある人は同じ趣味・思考・価値観があることが多いです。つまり、家族にうつ病を患っている人がいるということは、自分自身にもその人と共通する部分があるかもしれないということです。

それは、真面目過ぎる性格だったり、考え過ぎてしまう性格かもしれません。そのような共通点を家族の誰かが持っていれば自分がうつ病になる可能性も大いに考えられます。

また、マイナスな感情をずっと傍で聞いていたり、一緒に過ごしていれば少なからず影響は受けます。一時的にそのマイナスな感情に引っ張られて、自分まで気分が落ちることを「うつった」と解釈する人がいます。

家族のうつ病を相談できる窓口

スマホを持つ人 家族がうつ病になると、支える側もこの支え方で大丈夫なのだろうか?と不安になったり、心配になることがあると思います。そんなときに無料で相談できる窓口があります。

厚生労働省が公開しているこころの耳というポータルサイトでは、メール電話での相談を受け付けています。また、自分の悩みにあった相談窓口を見つけることができます。

他にも相談だけでなく、うつ病に関する情報やストレスチェックを行うことができます。家族の問題を相談できそうな相手がいない、ただ情報を知りたいだけという方は1度覗いてみるといいでしょう。サイト内で公開されているうつ病を克服した方の体験記は、追い詰められている心をスッと楽にしてくれるかもしれません。

日本には、今うつ病患者が100万人いると言われています。そのため、相談窓口の数も多くあります。相談する必要がないと思っていても、多くの窓口が提供している専門家の意見や適切な知識は、家族として支える側の参考になるに違いありません。

家族がうつ病になった方の体験談

ここでは、家族がうつ病になった方の体験談を紹介しています。1番近くにいる家族だからこそできること、そして注意すべきことなど参考になれば幸いです。

うつ病は、なった本人も苦しく辛いですが、支える家族もときには辛く壊れそうになることもあります。しかし、うつ病は必ず治る病気でもあります。自分自身のケア、そして家族としての役割を知るためにもそれぞれの体験談を参考にしてください。

体験談①45歳 女性/主婦

落ち込む女性 転職をキッカケに夫がうつ病になりました。長年、転職を考えていて運よく憧れだった会社に転職しましたが、入社から1~2ヶ月経った頃から「会社を辞めたい」「交通事故に合えば会社に行かずに済むのかな」「毎日、辛い」と言うのが口癖になりました。

最初は、自分の夫がうつ病だなんて思わなかったので「まだ入ったばかりだし、頑張れ!」と励ましていました。ですが、帰宅するときには本当にゲッソリした顔をしていて・・・毎日の日課であった家族揃っての夕飯も摂らない日が続きました。

話を聞いてもマイナス言葉ばかりで、さすがにこの様子は変だと思い、休日に一緒に病院へ行きました。すると診断結果は、「うつ病」。うつ病の治療には、家族である私の協力と理解が必要と言われましたが、あまり実感がなかったです。そして、うつ病である夫に家族として何ができるのか、どうしたら元に戻れるのか何も分からず、ただ不安だけが募りました。

その後、うつ病という診断結果を会社にも報告して夫は休職。そこから私と夫の二人三脚での治療がスタートしました。まずは、私がうつ病に対する知識を深めることが先だと考え、為になる本や情報をひたすら集めました。ですが、頭では理解しても、ときどきテンションが高くなる夫への対応は本当に悩みました。

落ち込んでいるかと思えば、突然大量に食べ物を食べたり、買い物に行ったら衝動買い、お酒も以前は飲まなかったのに毎晩飲んだりと、夫の心の中で何が起きているのか、何がそんなに苦しめているのか理解に苦しみました。終いには、夫と言い合いになり、私自身が壊れそうにもなったことも。

そんなときは、友人に話を聞いてもらったり定期的に自分のストレスを解消するようにしました。そして、家族である夫のうつ病を絶対に何年掛かってもいいから治そうと決意し、とにかく焦らず向き合おうと考えました。

「先のことを考えても仕方ない」という友人の言葉にハッとさせられ、それからはあまり気にしないように心掛けました。ありのままの夫でいい、これでいい、うつ病は決して恥ずかしいじゃない、と全てを受け入れることで夫に対する接し方、そしてうつ病に対する理解もどんどん深まりました。

支える立場にある家族がキツくなってしまうときもありますが、そんなときでも自分を責めない。ある種開き直りのような心構えで長い目で治療に取り組んだお陰で夫のうつ病は治りました。私は、うつ病は1人で治すことは難しいと思います。やはり、家族や周囲の支えがあってこそ少しずつ改善に向かっていくと感じました。