ジェイゾロフトは効果の高い安全な薬ですが、有効成分セルトラリンによる副作用も報告されています。

うつ病治療にレクサプロ

ジェイゾロフト

ジェイゾロフト ジェイゾロフトはファイザー社より販売されている塩酸セルトラリンを有効成分としたSSRIの抗うつ剤です。1991年には国際誕生していた薬でアメリカではその年から処方が行われ、幅広く処方が行われています。しかし、日本では比較的最近になってから承認され、2006年より処方がスタートしています。パキシルに比べると作用が弱いと言われていますが、より副作用が少なくなっているので、「効き目が強すぎず、副作用も少ない薬」とされ、処方しやすい薬とされています。そのため、処方の機会は精神科・心療内科に留まらず内科でも幅広く処方されています。

ジェイゾロフトの作用・効果

こちらの薬も上記で挙げられている薬同様、セロトニンを増やす薬となります。セロトニンが低下すると、不安や気分の落ち込みなどの症状が現れますが、増やすことで症状は緩和されます。
セロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン濃度を上げる点においては、他のSSRIと違いはありません。しかし、ジェイゾロフトにはドーパミンの再取り込み阻害の働きもあります。
ドーパミンは、快感や多幸感、意欲に関係する物質です。そのため、楽しむ力が弱っている人には特に最適であると言えます。うつ以外には、パニック障害、外傷後ストレス障害などにも有効です。

ジェイゾロフトの副作用

安全性が高いことで知られていて、他の薬でよくみられる便秘・口の渇きなどの症状が軽減されています。しかし、不安感やイライラ、そわそわなどの症状が現れることもあり、人によっては神経過敏になることもあります。
さらに衝動的な行動を起こすおそれもあります。報告されている重い副作用の1つに「セロトニン症候群」が挙げられます。 この症状は、セロトニン濃度が過剰に高くなることで引き起こされ、発熱・発汗・めまい・嘔吐・頭痛、そして最悪のケースとして死に至ることもあります。いつもより体調が優れない、何かおかしいと感じた際はすぐに病院を受診しましょう。

ジェイゾロフトの服用方法

1日1回セルトラリン25mg服用し、1日100mgを目処に徐々に増やしていきます。症状や年齢に合わせ、1日100mgを超えないよう調整しましょう。また、18歳未満の未成年に対しての効果は確立していないため、服用する場合は慎重に行う必要があります。妊婦に対しては、「必要であれば使用可」とされていますが、できる限り飲まない方がいいでしょう。

ジェイゾロフトの飲み合わせ

うつ病に種類があるように、薬にも種類があります。
そのため他の薬との併用で相互作用が起こり、効果や身体に影響が出ることがあります。
自身が飲んでいる薬との飲み合わせは大丈夫か、そしてこれから他の薬を飲む機会がある場合は事前に問題はないのか確認するようにしておきましょう。

パーキンソン症候群の薬
パーキンソン治療に用いられるセレギリン(エフピー)と呼ばれる薬との併用は、致死的な症状を引き起こす場合もあるため注意が必要です。セレギリンを飲んでいた場合は、服用中断から最低でも2週間は飲まないようにしましょう。セロトニン症候群が引き起こるおそれがあります。
慢性疼痛薬
ズキズキ・ジンジン・チクチクという表現されるような痛みやしびれ、突っ張り、だるさなどを本人が不快に感じている場合に「疼痛(とうつう)」と呼ばれます。慢性疼痛は、原因が治りにくく痛みが続く状態を指しますが、その際に使われる薬としてトラマドールがあります。併用により、てんかん発作の危険性があるため一緒に飲むのは控えましょう。
片頭痛薬
スマトリプタンという成分を含有するイミグラン錠との併用は、運動障害や脱力を起こします。頭痛持ちの患者さんは自分が処方されている薬は何かきちんと確認するようにしましょう。
血栓予防薬
不整脈や脳梗塞を患ったことがある方は、血栓予防薬であるバイアスピリン・ワ-ファリン・プラビックスが処方されている可能性があります。併用で、あざができたり内出血などの副作用が強くでることがあるため、注意しましょう。

ジェイゾロフトの過量服用による危険性

用法・用量を守らず、規定よりも大量に服用することで「セロトニン中毒」と呼ばれることもある「セロトニン症候群」が起こるおそれがあります。
症状は、服用から数時間以内に発現するケースが多いですが、気分の波や不安感はうつの症状と類似するため気づきにくいです。
精神的な症状に加え、身体的な症状が現れた場合は注意しましょう。体調に異変が現れた場合、服用を中止することがほとんどですが、中断が危険になることもあります。自己判断はせず、医師の指示を仰ぐのがいいでしょう。

ジェイゾロフトの妊婦への影響

妊娠中の薬の服用はできる限り避けた方がいいでしょう。
服用することで、妊娠高血圧症候群のリスクが高まったり出血が止まりにくくなります。

●妊娠高血圧症候群
妊娠中毒症とも呼ばれ、何らかの原因で高血圧になることを言います。
日本産婦人科学会では、『妊娠20週以降、分娩後12週』までに現れる症状を妊娠高血圧症候群と定義していて、母子ともに命が危なくなることもあります。妊娠中にジェイゾロフトを服用することで、このリスクが高まるとされているため、飲まないようにしましょう。
また、ハッキリとした原因は分かりませんが肥満や年齢が40歳以上の方、初産の妊婦の方でも発症のリスクが高まると分かっているため注意しましょう。
●出血
薬の服用で出血が止まりにくくなります。
出産時に出血が止まりにくいと輸血の必要も出てきます。そして、症状が悪化し重篤な状態になると命の危険性も出てきます。もしも妊娠中に薬を飲んでいた場合は、必ず出産前に抗うつ剤の服用をしていたことを伝えましょう。

ジェイゾロフトの胎児への影響

抗うつ剤の使用が原因となり胎児へ悪影響が出ることは滅多にありませんが、その可能性はゼロとは言えません。
心配される症状は主に3つです。

●産後直後の症状
産まれてすぐに、現れる症状として泣き止まない・元気消失などが挙げられます。
どれも一時的な症状ですが、呼吸する力が弱まっていると管をしなければ母乳が飲めない場合もあり、退院まで時間が掛かるおそれがあります。また、抗うつ剤の離脱症状は新生児にも影響するおそれがあり、嘔吐やてんかん発作、低血糖、呼吸困難が起こることがあります。
●奇形
心臓の奇形の確率が薬の服用でほんの僅か高まると言われています。
心房・心室中隔欠損症などが考えられますが、その確率は極めて低いため心配する程ではありません。
●新生児遷延性肺高血圧症
添付文書にも書かれている通り、妊娠後期に薬を服用してしまうと新生児遷延性肺高血圧症のリスクが上がるとされています。肺に血液が行き届かなくなるため、酸欠状態を起こし脳の障害が引き起こります。
具体的には、多呼吸・陥没呼吸などの呼吸障害を引き起こし、死に至るケースもある恐ろしい病気です。

ジェイゾロフトの値段

病院処方・通販どちらで購入するかによって、値段は異なります。

●病院の場合・・・200円~300円
●通販の場合・・・80円~90円

※どちらも1錠あたり50mgの値段。通販価格はコンビニ薬局を参考。

比較するとその価格差は一目瞭然です。
病院できちんと専門医に診てもらった上で、購入したいと考える患者さんも多くいますが、1度服用したことがある方などは何度も病院へ行かず自分で購入するのもいいでしょう。
精神疾患はどうしても長期的治療になってしまう傾向があります。1錠あたり100円以上の差があるのは、経済的負担が全く違うでしょう。出費は最低限に抑え、治療に集中して取り組むようにするのがお勧めです。