うつ病を診てもらえる病院について解説しています。正確な診断を受けるためにも何科へ行くべきか把握しておきましょう。

うつ病治療にレクサプロ

うつ病を診察してもらえる病院

病院の待合室 「もしかして、うつ病かも・・・?」と思った場合、あなたはどこの病院へ行けばいいか知っていますか?内科?それとも心理カウンセラーを頼る?初めてうつ病になった方であれば、困ってしまうことは多いかと思います。

うつ病かもと感じた際は、まず病院へ行く前に、自分でも簡単に行える診断チェックを行ってみましょう。イライラした状態が続いている、毎日楽しくないなど診断チェックの結果をもとに、正確な診断を行ってくれる病院へ行きましょう。以下ではうつ病を診てもらえる病院について紹介しています。

精神科・神経科

心の辛さや苦しみを診察してもらえるのは、精神科もしくは神経科になります。以前は精神科であれば精神的な不調だけ、神経科であれば神経的な不調だけを診ていました。しかし、近年では精神科であっても神経科であっても、どちらの不調も診てもらうことができ差はありません。また、病院によっては「精神神経科」「神経精神科」などもありますが、こちらの場合も名前が異なっているだけで差はありません。

心療内科

現代社会では心療内科でもうつ病を診てもらうことができます。本来、心療内科ではストレスが起因する身体の不調「心身症」を扱う診療科です。しかし、現在では身体の不調がない場合でも心の苦しさ・キツさ・辛さだけを訴える「うつ病」にも対応しています。

心療内科の特徴はその名前にあります。「神経科」「精神科」という名前を使うと無意識に抵抗が働き、患者が受診しないこともあります。 心の病気に対して、社会的偏見も多く残っている日本では、「精神科に通っているなんて大丈夫なのかしら・・・」「ただの甘えで、ずるしてるんじゃないか・・・」と家族や会社の人が快くない目でみることもあります。

しかし、それを「心療内科」とすると抵抗感が薄れるため、たとえ中身は精神科・神経科の診察であっても「心療内科」としている病院が多くあります。ここで注意してほしいのは「内科・心療内科」と療法の看板を掲げ、同じ医師が担当している場合です。この場合は、基本的に内科のケースが多いでしょう。内科をベースに運営しているが、「心身症」も診ることが可能という程度で考えるべきです。内科出身の医師と心の病気を専門とする精神科の医師は、違うからです。

メンタルクリニック・メンタルヘルス科

ほとんどのメンタルクリニック・メンタルヘルス科では、神経科もしくは精神科の疾患を扱っています。また、こちらも上記で説明した心療内科と同じように、名前に「メンタル」を使うことで患者の精神科に対する抵抗感や不安を和らげようとしています。しかし、中身の実態は「うつ病」患者を対象にしていることが多く、患者もメンタルクリニックに通うことが多いです。比較的小さい町にも存在している病院のため、通いやすいのが魅力であるといえます。

診てもらえる病院と診てもらえない病院

両手を広げる医師 最近は、中身が同じでも名前が異なる診療科が増えている傾向にあります。そのため結局、うつ病を診てもらえる病院と診てもらえない病院の境界が曖昧な方もいるかと思います。うつ病を診てもらえる病院は、上記に挙げた通りですが、逆にうつ病を診てもらえない病院はどこか知っていますか?

よく勘違いしやすい病院が、「神経内科」です。神経内科では、脊髄や神経、筋肉の病気を診る内科です。そのため、症状としてはひきつけ、力がはいらない、手足の痺れ、めまいなどに悩まされる患者が行く病院です。精神的な問題からくる病気は扱っていません。

また、「脳神経外科」もよく間違われやすいですが、こちらは外的な治療を行う外科です。脳や脊髄、抹消神経系などの神経系全般において、手術などが必要な場合の疾患について診断・治療を行います。そのため、うつ病のような精神的な症状には対応できません。うつ病を診てもらいたい場合は、神経内科・脳神経外科には行かないよう気をつけましょう。

診察から治療までの流れ

カルテを持つ医師 診察から治療までの流れは、うつ病であっても他の病気と変わりはありません。特別なことも不安になることもないため、安心して病院に行ってください。大まかな流れとしては、①受付⇒②予診⇒③検査⇒④診察⇒⑤診断⇒⑥治療となります。

まずは、受付を済ませます。基本的なやりとりは、病院によって多少違いがあるかもしれませんが、ほとんど同じです。身構えずにリラックスして大丈夫です。受付が終わったら、次に予診があります。予診では、これまでの病歴や今の自分の状態、服用している薬の有無、考えられる原因、症状を感じ始めた時期などを聞かれます。また、人間関係や仕事についても聞かれることがあります。分かる範囲で簡単にでいいので、答えましょう。

予診の次は、一般的な検査に入ります。体温・体重・血圧・尿検査・血液検査など基本的な検査で、身体に異常はないか確認します。診察では、気になっていることや症状について話します。そして、医師はその時の表情や話を総合的にみて「うつ病」かどうか判断します。この際に、家族や生活を共にするパートナーが一緒にいると客観的な情報も医師は得ることができるため、役立てることができます。

診察後、医師は診断を下します。「うつ病」と確定した場合は、それから治療がスタートします。薬の服用や心理療法など、症状の程度に合わせて医師は治療を進めていきます。

うつ病の方の病院受診率

る調査によると、生涯に1度はうつ病になる人は15人に1人の割合でいることが分かっています。また、2008年に厚生労働省が行った調査では、病院を受診しているうつ病患者は、90万人以上いることが分かっています。

それにも関わらず、病院を受診していないうつ病患者は、4人に3人というデータがあります。そのため、うつ病の患者数は実際よりも多くいると考えられます。自分では心の異変に気づかない場合もあれば、気づいていても病院には行きたくないという患者さんもいます。うつ病に対するマイナスイメージや他人を目を気にして行かないことが、この病院受診率に繋がっていると言えるでしょう。

病院に行かずうつ病を放置したら

手で顔を覆う女性 病院にも行かず、適切な治療を行わないで放置していると症状は、どんどん悪くなっていきます。症状が悪化する前に治療を進めていれば、治る可能性は高いです。しかし、症状が悪化して治療をスタートしても、治療の成果を出すには時間が掛かり、成果が思うように上がらないこともあります。

うつ病は適切な薬、そして心や環境の状態を安定させることで完治していきます。異変に気づいているにも関わらず放置していると、今は問題がなくても仕事や家事など日常生活に支障が出てくるようになります。うつ病は心の病気ですが、気の持ちようや気合で治るものではないです。専門家の力を借りたり、有効な薬を使っての治療を行いましょう。

うつ病と病院

カルテと聴診器 「病院に行くのが恐い」、「もしもうつ病と診断されても周りにバレるのは嫌だ」と思う方もいるかと思います。しかし、うつ病を治すにはまず専門医の診断を受けることが大切です。そして、1人でじっと殻に閉じこもっていても治療をしなければ良くなることはありません。心の休息と適切な薬を使って身体的な症状の緩和に努めましょう。

診断を受けて通院を続けるなかで、自分と相性のいい薬が分かればその後は通販で薬を購入することもできます。現在、うつ病の治療薬で副作用も少なく、効果の高い薬にレクサプロがあります。病院に行くのが億劫であったり、薬の切り替えを考えている際は試してみてもいいでしょう。また、病院での診断に抵抗がある方はまずは自分でもできる診断チェックを利用してみるといいでしょう。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。