レクサプロは副作用が少ないのが特徴です。 全く同じ有効成分・効果で薬価の安いジェネリックもあります!

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロの副作用

お腹をおさえる女性 レクサプロは抗うつ剤の副作用が非常に少ないことが特徴とされていますが、もちろんまったくないわけではありません。
しかし、従来の薬では便秘や口の渇きといった不快な症状が多くみられたことを踏まえると、少なくなっているのは明らかです。
また、服用を開始した時期にみられる胃腸の症状には胃薬や吐き気止めで対応可能です。

レクサプロの一般的な副作用は以下の通りです。

  • 中枢神経(眠気・だるさ・頭痛・ふらつき・めまい)
  • 消化器系(食欲不振・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢)
  • 性機能障害(性欲減退・勃起不全・射精遅延)
  • 過敏症(湿疹・蕁麻疹・発疹・アナフィラキシー反応)
  • 精神神経系(イライラ感・不安感・運動障害・失神・幻覚・パニック発作)
  • 血液(赤血球の減少・血小板の増加・ヘモグロビン減少・白血球増加)
  • 筋骨格系(筋肉痛・肩こり・関節痛・こわばり)

また、起こることは稀ですが重大な副作用は以下の通りです。

  • 痙攣(失神・脱力・吐き気・全身の筋肉のぴくつき・興奮状態の継続・錯乱・気が短くなる)
  • 昏睡(意識がなくなる・もうろうとする)
  • セロトニン症候群(血圧上昇・下痢・悪寒・発熱・幻覚・発汗・自律神経不安・手の震え)
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(全身の倦怠感・むくみのない体重増加・頭痛・低浸透圧血症・意識障害・低ナトリウム血症)
  • QT延長、心室頻拍(動悸・立ちくらみ・脈の遅れ・乱れ)

1番多く報告されている症状が『吐き気』です。個人差もありますが、2週間程度でおさまると言われています。しかし中には長期間吐き気が続いてしまうという方もいらっしゃいます。そのような方は医師に相談して、吐き気止めを処方してもらうといいでしょう。市販薬でも問題ありません。
一般的には、飲み始めが1番キツく体が慣れるとともに症状は緩和されるため、対処法としてできることは待つだけです。
しかし、それでも耐え切れない場合、ひどく続く場合は、薬を切り替えたり、他の薬の服用を考えましょう。
不眠の場合は、睡眠薬。性機能障害の場合は、シアリスやバイアグラが効力を発揮しますが、心臓血管系に異変をもたらすこともあるため注意が必要です。

また眠気が酷い場合には、薬で対処するのではなく就寝前に服用したりと対処法はいくつか考えられます。
薬の摂取量が多いほど体調に変化が現れやすいため、薬の減量や中止または生活習慣の改善も行ってみるといいでしょう。
これらの対処法を行っても、体調が優れない場合は直ちに使用を中止し医師に相談するのがベストです。

副作用の少ないレクサプロ

薬を持つ医師 効果が高く、副作用が少ない抗うつ剤として知られている薬、それがレクサプロです。
うつ病は心の弱さ・強さが問題ではなく、バランスが崩れた脳内環境と関係があります。
脳内環境を調整するために抗うつ剤は必要不可欠で、薬を使用することで意欲ややる気が向上したり、不安や緊張が緩和されます。

薬を規定より多く摂取したり、体質によっては副作用が起こることもありますが、安全性の高い薬を使用すれば問題ありません。レクサプロは、数ある抗うつ剤の中でも効果、そして安全性が高いと評判です。
そのため1日に何度も飲む必要がなく、1日1回の服用で十分に効果を得ることができます。

抗うつ剤の使用で効き目を実感するまでには、時間を要します。
しかし、即効性にも優れている薬のため、他の薬よりも早く効果を実感できます。薬の種類によっては、目のかすみや排尿困難、便秘の症状が耐え切れない程強く現れることもあります。
飲むことで逆効果になっていないか、本当に大丈夫なのかと不信感を覚え、服用を中止してしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、レクサプロであればそのような心配は少ないです。
日本国内では2011年に厚生労働省より承認されています。効果の高い安全な薬を継続して飲めば、うつ病は改善されます。
時間は少なからず掛かりますが、治療を諦めず自分のペースで取り組みましょう。