レクサプロで脱毛が起こることがありますが、その確率は1%未満と極めて少ないです。

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロと脱毛

髪を掴んでいる手 レクサプロの服用で副作用の症状の1つである「脱毛」が起こることがあります。しかし、その確率は1%未満です。そのため、可能性があるといっても稀なケースとなります。

心配する程ではありませんが、特に女性の場合だと抜け毛・薄毛は気になる問題かと思います。実際に髪の毛が抜けるのを見ると、「このまま抜け落ちて戻らないんじゃないか・・・」「どこまで抜けてしまうのか・・・」「レクサプロの服用をやめるべきなのか」と不安に思うこともあるでしょう。

そこで今回は、レクサプロと脱毛の関係について詳しくご紹介したいと思います。頻度は少ないですが、レクサプロで脱毛が起こる仕組みや、もしもなってしまった際の対処法を認識しておくことで症状の悪化を防ぐことができます。

セロトニンと脱毛の関わり

試験管 セロトニンは、気分と密接に関わる物質ですが、脱毛との関わりも分かっています。セロトニンが不足すると、気持ちが安定しなくなるばかりか、薄毛・抜け毛の原因にも繋がるとされています。理由は、落ち込みや不安感により毛細血管の血液の流れが悪くなるからです。

そのため、頭皮にも必要な栄養が行き届かず脱毛の症状が出ることがあります。しかし、レクサプロはセロトニン濃度を増やす薬です。働きだけを見れば、脱毛を解消する作用もありますが、あらゆる要因が合わさることで脱毛が起こる場合があります。

レクサプロで脱毛が起こる原因

クエスチョンマーク レクサプロで脱毛の症状が出る場合は、「服用後」が多いです。また、レクサプロの副作用に脱毛の症状はありますが、正確には別の副作用が関係していると考えられています。

具体的には、レクサプロの副作用である「不眠」「食欲不振」です。食欲不振の症状が起きると、食事の回数やバランスが崩れ、十分な栄養を摂ることが難しくなってしまいます。そして、それが要因となり頭皮にも栄養が行き届かず薄毛や抜け毛に繋がると考えられます。

また、不眠は抜け毛と一見関係がないように思えますが、眠りは細胞の再生に関わっています。そのため、夜の眠りが浅いと細胞の再生が上手くできなくなり毛根の力が弱まります。すると、抜け毛が多くなります。

レクサプロでもしも脱毛になったら?

髪をかきあげる女性 もしも、レクサプロの服用で髪が抜けてしまったら、まずは薬の切り替えを検討しましょう。うつ病への効果を実感しているときに、服用をやめるのは残念ですが副作用の症状が気になることで、気持ちが不安定になってしまと意味がありません。

そのため、1度服用をやめて様子をみるといいでしょう。また、その他の対処法としては、食事の見直し・頭皮マッサージが挙げられます。3食きちんと食べるようにして、体に必要な栄養素を摂るようにしましょう。また、食事で補えない栄養素はサプリメントなどを使って摂るのもいいでしょう。

特に育毛効果のあるサプリメントは、髪や体に必要な栄養素を効率的に摂ることができ役に立ちます。頭皮マッサージが抜け毛に効果的な理由は、揉みほぐすことで血行促進が期待できるからです。行う際は、肩や首も動かすようにしましょう。肩こりや首こりも頭皮の血行の巡りを悪化させます。

マッサージは気持ちいいと感じる強さで、こまめに行うことがポイントです。1度で終わるよりも、こまめに何回かに分けて刺激を与えることが、より効果を高めます。指でマッサージをするのが面倒だと感じる場合は、ヘアブラシを使って軽く叩いてみてください。しかし、ブラシに使われる毛がイノシシや豚だと頭皮を傷つけるおそれがあるため、なるべく柔らかい毛のブラシを使うようにしてください。

レクサプロの脱毛に効く食べ物

キムチ レクサプロの服用で、毛根が弱っていると感じた際は毛根にいい食べ物を積極的に摂るようにするといいでしょう。唐辛子に含まれるカプサイシンを摂ることで、発毛ホルモンが分泌されます。

そのため、キムチや唐辛子を使ったピリ辛な炒め物などを食べるといいでしょう。韓国では、唐辛子を食べる文化があるため日本よりも薄毛率が低いというデータもあります。

辛いものが苦手な方は、イソフラボンを食事に取り入れてみてください。大豆などに含まれるイソフラボンも、発毛ホルモンを分泌する働きがあります。その他の食べ物では、豚レバー・牡蠣・アセロラ・イチゴ・アーモンドなども毛根の状態を保つにはいいとされています。食事を見直す際に、これらの食べ物を取り入れるようにするといいでしょう。

レクサプロと脱毛の関係

笑顔の女性 レクサプロで脱毛が起こることはあります。しかし、その確率は低いため過度に心配する必要はありません。もしも、起こっても焦らず対処しましょう。また、脱毛だけでなくうつ病の改善のためにも食事・睡眠・運動など生活を見直すことは大事です。

栄養バランスは崩れていないか、きちんと睡眠は取れているか、適度に体は動かしているかなどを見直して、できそうなことから取り組んでいきましょう。また、不眠の症状が酷い場合は、睡眠薬を使うのも一つの手です。自分の体調を見ながら使用を検討してもいいでしょう。

レクサプロの他の副作用として「光線過敏症」もあります。この症状は、肌が紫外線に反応して、湿疹・水疱・紅斑・ただれが起きます。この光線過敏症が起こることによって、頭皮にも影響が及び抜け毛が酷くなることもあります。

脱毛の要因は、あらゆることが考えられるため異変を感じた際は、すぐに服用を中断しましょう。また、通院している方であれば医師と相談するといいでしょう。