うつ病の診断チェックは自分でも行えます!当てはまる項目にチェックを入れるだけです。

うつ病治療にレクサプロ

うつ病とは

壁にもたれ掛かり俯く女性 うつ病の患者数は年々増加しており、誰にとってもなりうる恐れのある病気です。日本では、100人に3~7人の割合でうつ病を患ったことがあるという調査結果もあります。

これほどまでに、今増加の一途を辿っている背景には、病気への理解が深まって病院に行く機会が増えたことが挙げられます。また、経済的問題などから抑うつ状態に悩まされる方は増加していること、診断基準の解釈が広くなったことが関係しています。

うつ病の種類は、さまざまで人によって症状も程度も違います。また、一見するとうつ病には見えないこともあるため、判断が難しい場合もあります。しかし、主な症状として「やる気が起きない」「1日中憂鬱な気分」「何をしても楽しめない」といった状態がみられます。このような症状が長く続いている場合は、うつ病を疑い病院で医師の診断を受けましょう。

また周りからみて、うつ病のサインに気づけることもあります。「涙もろくなった」「元気がなくなった」「表情が暗い」「落ち着きがなくなった」と感じる場合は、うつ病の症状で苦しんでいる可能性があります。優しく声をかけてあげるなど、気にかけるようにしましょう。

うつ病診断チェック

チェックシートを記載する人 うつは誰もがなるおそれのある病気です。自分の将来を悲観的にみたり、不眠の症状が続き『うつ病かも・・・』と思い当たる節がある方のために、以下では簡単なうつ病診断チェックができます。
当てはまる項目の数によって、うつ病の可能性の有無を知ることができます。

ほぼ毎日、1日を通して憂鬱または気分がブルーな状態が続いている。
ほぼ毎日、1日を通して遊びや労働といった活動への意欲や喜び、興味・関心がない。
食事制限や食事療法をしている訳でもないのに、体重が減少した、または増加が激しい。
ほぼ毎日、きちんと眠れていない。(不眠)または寝すぎている。(睡眠過多)
ほぼ毎日、イライラしたり、落ち着きがない、行動が遅い。
ほぼ毎日、疲労感を感じたり、やる気が起きない。
ほぼ毎日、罪悪感があったり、「自分には価値がない」と思い込んでいる。
集中力に欠ける、思考力が低下する、または自分で何かを決断できない。
死にたいと思ったり、自殺の計画を立てたりする。


全部で9つの項目がありますが、当てはまった項目の数でA~D判定までに分けられます。
診断チェックの結果を元に、今後の生活の過ごし方に役立ててください。

A判定
【0~1】
うつ病の可能性は低いです。しかし、チェックをしたということは何かに悩んでいたり心当たりがあるかもしれません。特に心配ないですが、問題を放置し目を向けないでいると次第にストレスが蓄積され、精神バランスを崩すおそれがあります。
たとえ小さな悩みでも、溜め込まずその都度解決しましょう。
また、抱え込まず周囲の人に話すことで気が楽になるかもしれません。このまま日々明るく、周りとの関係も健全に築けば、うつ病とは無縁の生活です。
しかし、全ての人が健康ではありません。自分が健康でも、周りにうつ病の人がいれば『がんばれ!』とは言わず、優しく耳を傾けましょう。
B判定
【2~3】
うつ病の可能性があります。毎日でなくとも、気分が晴れなかったり疲れを感じる日があるのは生活習慣が乱れているおそれがあります。
例えば、睡眠が十分にとれていない日が続くと集中力が低下したり、マイナス思考になったりと軽いうつ病の症状が現れます。
気になる場合は睡眠に関する問診を受けたり、日頃からストレスを溜めないよう注意しましょう。
C判定
【4~5】
うつ病の可能性が高いです。今、大きな悩みや問題に直面していませんか?
不調が体の疲れや不健康が原因なのか、こころの問題なのか見極めなければいけません。
『こころ』が関係していれば、心療内科を受診したり、頼れる家族や友人に胸の内を話しましょう。うつ病を抱える人が多い現代では、病院に行くことは恥ずかしくありません。
まずは、病院を受診し本当にうつ病なのか診断を仰ぎましょう。診断は、恐いことではなく原因を探る第一歩です。
精神バランスを崩している原因が、体にあるならば、まずはそこを改善しましょう。
D判定
【6~9】
うつ病の可能性大です。精神のバランスが崩れ不健康だと考えられます。
自分では手に負えない程の悩みがあるかもしれません。今の状態が続くとうつ病だけでなく、他の病気を患う危険性もあります。
現時点で健康でも、このままでは仕事だけでなくプライベートも楽しむことができなくなります。自分の今の状態を知り、何が原因となっているか探る必要があります。
今は、自分を客観視できる余裕がない状態と考えられるため、医師や家族の力を借りましょう。
中には理解のない言葉を掛けられ、傷つくこともあるかもしれません。そのためこころの専門家に頼ることが1番ベストな選択です。

中学生・高校生(学生向け)うつ病診断チェック

俯いてノートをとる学生 中学生、高校生であってもうつ病になる可能性はあり、増加傾向にあります。症状としては、大人のうつ病とさほど変わりはありません。しかし、大人のうつ病と違う点もあり「印象」が異なるのが特徴です。

中学生・高校生の場合、身体も心もまだまだ成長過程にあるため、落ち込んだ気持ちや苦しさを上手く言葉に出来ないことがあります。そのため、身体に症状が現れることが多く、頭痛や身体のダルさを訴える傾向にあります。

「友達と遊ぶ気になれない」「成績が落ちてきた」「眠れない」「家にこもりがちになる」など、子供がうつ病になると学校の勉強にも支障が出てきます。そのため、体調や心の異変が2週間以上続く場合は1度病院に行くことをお勧めします。
以下では、上記の診断チェックとは違い中学生、高校生向けの簡単なうつ病の診断チェックが行えます。少しでも当てはまると感じた際は、チェックをいれてください。

朝起きるのが辛く、遅刻することが増えた。
自分の部屋や机の上を片付けられない。
ボーっとすることが多くなり、声を掛けられても気づかないことが増えた。
外に出る気になれず、自分の部屋で過ごすことが多くなった。
親に対して乱暴な言葉遣いをするようになった。
兄弟に対してイライラしたり、いじめるようになった。
ノートの字が以前よりも汚くなった、もしくは小さくなった。
夜中に目が覚めたり、突然叫ぶことがある。
1人で寝るのが嫌になり、親に甘えたくことが増えた。
忘れ物をするようになった、もしくは増えた。
少し注意されただけで、イライラしてしまい口答えしてしまう。
親に話しかけられるのが嫌で避けてしまう。
家族と食事をするのが嫌になり、1人で食事を摂るようになった。
学校のことを話すが嫌になった。
食事の好き嫌いが酷くなった。
天気が良くても外には遊びに行かず、テレビを観るなど家で過ごすことが増えた。
私(僕)が悪いんだと自分を責めてしまう。
自分からは何もする気が起きない。
洗顔・歯磨き・お風呂・着替えが面倒になってきた。
落ち着かないことが増えた。
おねしょをするようになった。
鉛筆を噛んだり、爪を噛むことが増えた。
1人で留守番するのは嫌だと感じる。
言いたいことがあっても言えないでいる。
学校から配られた用紙は親に見せずに捨てている。
物を乱暴に扱うようになった。
ゲームなど高価なものが欲しいと思っている。
目をパチパチと動かすようになった。
嘘をつくようになった。
会話をするときに、話が詰まったり、モゴモゴしてしまう。


全部で30項目あり、当てはまった項目数でA~E判定に分けられます。この診断チェックは、あくまでも目安であるため、気になる場合は病院へ行きましょう。

A判定
【0~5】
うつ病の可能性は低いです。このままの元気で毎日楽しく過ごしましょう。
B判定
【6~11】
ちょっと疲れるときもあるようですが、心配いりません。元気に友達と遊んだり、勉強をする中で少し感じるストレスレベルです。元気がある子であれば、この程度はよくあります。ただし、上記の診断チェックで挙げたような症状が増えたり、酷くなる場合は注意が必要です。友達と休みの日に遊んだり、家族と一緒に出掛けるなどリフレッシュする日を作るといいでしょう。気分転換を行うことで、ストレスや疲れは解消されます。
C判定
【12~17】
少しストレスサインが出ています。学校で嫌なことがなかったか、家での過ごし方について振り返ってみましょう。ストレスの原因をみつけることで、治療をスムーズに進めることができます。身近にいる信頼できる大人、親や先生に相談してみましょう。どんな些細なことでも構いません。気になることは、すぐに相談してください。そして、自分でも心が安心しきっているか常に確認するようにしましょう。
D判定
【18~23】
かなりのストレスレベルです。友達関係は良好ですか?授業、部活、塾などで何か心あたりに思うことはありませんか?いじめられてはいませんか?辛いときは、1人で悩まず誰かに相談しましょう。もしも言いづらい場合は、公的機関が運営している相談窓口を利用するのもいいでしょう。子どもの人権110番では相談は無料で、相談内容の秘密もきちんと守られます。
E判定
【24以上】
この状態が続くと心配です。とても辛い状態が続いていませんか?1番気持ちを伝えたいお母さんやお父さんに、理解してもらうのは難しいですか?友達関係、学校、家どこでのストレスが特に気になりますか?このままでは、ストレスが溜まり続け余計苦しくなるだけです。病院に行くか、誰か頼れる人に相談しましょう。1人では解決できないことも、誰かを頼ることで解決することもあります。

うつ病の診断基準

チェック項目に印を入れる人 うつ病は自分自身では気づきにくいものです。憂鬱な状態が続いていたり、日常生活に影響を及ぼす状態になっていても、病的であるかないかの区別は難しいため、受診に繋がらない現状もあります。しかし、病院で診断を行う際は「基準」に沿って話を聞いていきます。

うつ病の場合、WHO(世界保健機構)とAPA(アメリカ精神医学会)が発行している診断基準が存在しています。この診断チェックの項目を満たす方はうつ病の可能性があります。



1.抑うつ状態(気分の落ち込みなど)
2.喜び・興味の喪失
3.体重減少・増加、食欲の減少・増加
4.仮眠・不眠
5.運動の静止・強い焦燥感
6.気力の低下・疲労感
7.罪責感・無価値感
8.集中力・思考力の低下
9.自殺の計画を立てる・死について考える

医師は、上記の項目を基準にうつ病であるか診断を下します。1~9のうち5つ以上当てはまり、尚且つ2週間以上その状態がほぼ毎日ある場合はうつ病と診断されます。

しかし、これはあくまでも基準です。専門家ある精神科医ですら時には診断に苦労することもあります。その場合は、心理検査が行われることもあります。その中でもよく用いられる心理検査が、ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)・CES-Dです。

HAM-Dは世界的に使用されている古くからある検査方法で、種類もいくつかあります。検査時間は15~20分で、結果を点数化し点数に応じて判断していきます。もう1つのCES-Dは、症状は何日続いているのかなど簡単なチェックで時間も5分程度で済みます。
これらの心理検査を補助的に使うこともありますが、医師はあらゆる角度から患者の状態を見て、「うつ病」と診断します。

自己診断と治療の重要性

ガッツポーズをする笑顔の女性 うつ病は、目には見えません。そのため一見、悩みがなさそうに見える人でも、1人になったときに落ちこんでいたり、苦しい思いを抱えこんでいる方もいます。日常生活を送る中で、「楽しい、苦しい、キツイ、落ち込む」など喜怒哀楽があるのは当然ですが、何日もイライラが止まらなかったり、身体の調子が優れない場合はうつ病を疑ってみてください。

自分では些細なことと思っていても、心や身体が悲鳴をあげている場合があります。心療内科になんて行きたくないと思っている方であれば、まずは上記で紹介した診断チェックを行ってみてください。簡易的ではありますが、診断の目安となります。そして、早い段階で適切な治療を受けましょう。

近年では、うつ病に効く薬をインターネットで購入することができます。心の病気のことを誰にも知られたくないという方も、安全性の確認された薬を使用して治療が行えます。数ある抗うつ剤の中でも特に人気を誇っているのが、レクサプロです。副作用が少ないのが特徴で、安心して飲めると評判です。効果の高い薬を使用して治療に専念すれば、必ず完治できます。仕事やプライベートの充実はあともう少し!と考え、治療に取り組んでみましょう。

レクサプロジェネリックの通販はコチラ