うつ病にはさまざまな原因と症状があります。また、治療をするにはレクサプロやパキシルの薬を用いて行います。

うつ病治療にレクサプロ

心の病気「うつ病」

多くの人が抱える心の病気であるうつ病。およそ95万人患者数が報告されている、とても身近な病気の一つなんです。
人間関係や、過去の経験、ストレスなどさまざまなことが原因で起こってしまうこの病気は、時として日常生活が困難になってしまうこともあります。
このサイトではそんなうつ病についての情報はもちろん、うつ病の治療に適した薬をランキング形式でご紹介します。あなたのうつ病治療や周りの方のうつ病を理解するためにお役立てください。

うつ病の原因と症状

うつ病とはただ単に気分が落ちてしまったり、元気がなくなったりするだけではありません。その他にも他人には分かりにくい症状が出たり、日常生活をも困難にしてしまう症状などがあります。

うつで悩んでる人は年々増加の傾向にあります。実際のデータより、もしかしてうつかもと悩んでる人がいたり、うつなのに自分はうつじゃないと決め込んでる人などもいることから、本当の患者数はもっと多いのではないでしょうか。

うつはれっきとした病気で、よく心の風邪といいますがそんな簡単なものではありません。

うつになってしまう原因が今現在はっきりわかってはいませんが、脳にある神経伝達の異常とともに発症してしまうとも考えられています。精神的要因や、身体的要因など様々なことが重なることで発症しやすくなるともされています。

精神的要因が原因で、うつになるかたは多く、現代社会の人間関係や、仕事関係、社会的地位など様々なトラブルがつきものです。
昨今ではSNSの普及により、一人でいてもだれかと常にかかわってると感じてる方も多いのです。特に大きい出来事があると、今までは平気で入れた物事に対しても段々悩んでくるようになってしまうのです。

進級や、就職、転職、引っ越し、など環境がかわることでうつを発症させてしまう方もいらっしゃいます。また、うつの症状が出ていても、自分がうつになるなんて思っておらずその状態のまま無理をして、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

日本の社会はまだまだうつ病に対して偏見をもつことが多いです。昔ほどではありませんが、他の国よりもうつ病と言うものが理解されていないのは事実です。これは日本の社会のシステムの異常さなどが原因で、これを改善させないかぎり、この状態は良くならないでしょう。

うつは治療すればよい方向に持って行ける病気なのです。様々な症状がありますので、その状態に合わせて治療薬を選ぶことが可能なのです。最近ではメンタルヘルスや心療内科など以前に比べて通いやすくはなっています。

それでも他人に相談しにくいと言う方はインターネットなどで海外医薬品を購入することも可能です。インターネットで手軽に購入できますが、本当に悩んでる方は一度は医師などに相談することをお勧めいたします。

抗うつ剤ランキング

レクサプロ
レクサプロは、2011年に発売されたSSRIタイプの抗うつ剤になります。セロトニンを増加させる作用があり、セロトニン不足が原因のうつ病には効果的です。また、副作用が比較的少ないと薬されています。、効果と安全面でのバランスがよいことから世界で一番愛用者が多い人気の治療薬です。
詳細 レクサプロ販売サイト
パキシル
パキシルもレクサプロと同じSSRI系の治療薬になります。服用することで、人のこころとからだを安定させてくれる物質であるセロトニンの濃度を改善させてくれます。その結果、気分を楽にさせてくれます。また、うつ病以外にも強迫性障害、パニック障害、PTSD、社会不安障害にも効果があります。
詳細 パキシル販売サイト
サインバルタ
第4世代の抗うつ剤といわれるSNRI系の抗うつ剤です。有効成分のデュロキセチン塩酸塩が、セロトニンとノルアドレナリン2つの物質に作用することで、うつ状態を改善してくれます。意欲が低下してしまううつ病の方や他の薬だと意欲の改善が見られない方によく用いられる薬となります。
詳細 サインバルタ販売サイト
プロザック
プロザックは、イーライリリー社によって開発された世界でも非常に認知度の高い抗うつ剤になります。既に20年以上に渡ってうつ病患者に愛用されています。しかし日本国内では許可がおりていないため販売が認められていません。そのため、服用を希望する場合は個人輸入によって購入する必要があります。
詳細 プロザック販売サイト
ジェイゾロフト
ファイザー社より販売されているSSRIの抗うつ剤です。効き目が強すぎず、副作用も少ないことから、ゆっくりと安全に治したいと思う方に合った薬になります。また、男性よりも女性の方が有効性が高いとされています。うつ病以外にも、パニック障害、PTSDなど様々な心の病の治療に用いられます。
詳細 ジェイゾロフト販売サイト

レクサプロ

レクサプロとは、エスシタロプラムシュウ酸塩を主成分とした、抗うつ剤です。SSRIと呼ばれる部類に分類されます。比較的新しい抗うつ剤で日本では2011年に発売されるようになりました。SSRIとは、選択的なセロトニン再取込阻害薬の意味で、セロトニンを増加してくれる作用があります。今現在で世界で一番愛用者が多いとされているうつ病の治療薬なのですが、ここでその作用や効果を紹介いたします。

レクサプロの作用・効果

一般名はエスタロプラムで、この有効成分が比較的安全性が高いとされています。血中濃度の半減期が長いので、服用回数も1日一回で大丈夫です。集中的にセロトニンを増やす効果が高いので、効果がかなり期待できます。また、即効性も期待できると抗うつ剤の中でも万能的です。

しかし、メリットだけでは無くもちろんデメリット部分もあります。一番のデメリットはお薬代が高いという事です。メリットの多い治療薬なので、お薬代が高いのも納得なのですが、持続して服用するのには少し抵抗があります。1錠あたりは高くなってしまいますが、1日に一回の服用で大丈夫ですので、トータルで見ると何ら問題ないです。

今までのSSRIの抗不安剤などは、効果が高い分副作用が強いことや、副作用は少ないが効果があまり期待できないなど、両極端でした。レクサプロはそれらがすべて改良されており、効果も実感できるが副作用も少ないと、頼もしい存在となっています。一般的に、最も持続性があり有効が期待できるSSRIだとされています。

レクサプロの服用方法

服用方法ですが、10mgを一日に一回、夕食後から始めます。そしてそれを続けます。量を増やしたい場合は、1週間以降に間をあけて、20mg以下にしましょう。10mgで大丈夫な場合はそのまま継続して使用してください。必ず用法量を守り、それ以上の量を投与するのだけは避けましょう。必要以上に服用することで、多大な副作用や依存症が出てしまう恐れがあります。もし服用している量で、薬が足りないと感じるようであれば医師に相談しましょう。

レクサプロの注意点

抗うつ剤は、多種多様にあります。自分の症状などに合わせて抗うつ剤を選ぶことが求められます。副作用として、吐き気が出る場合もあります。吐き気が強いときなども医師に相談しましょう。

うつ病は中々相談しにくい内容ですが、一人で解決できる病気ではありません。治療薬を服用することに抵抗がある方も多いですが、きちんと決められた通りに服用することで、効果も期待でき、副作用も比較的少なくて済みます。

もちろん、離脱症状が出てしまう方もいますが、いつかは抗うつ剤を服用しなくてもいいような状態に持っていけるよう医師と協力しまいましょう。レクサプロは、SSRIの中でも副作用も少なく、効果もちょうどいいとされています。もし、服用を続けて調子が良くなっても自分の判断で薬を辞める事は危険です。治療終了に向けて、徐々に減薬することが求められますので、急にやめる事は避けてください。SSRIは上手に付き合うことで効果も最大限に期待できます。レクサプロを服用する際も上手に付き合いましょう。

パキシル


うつ病によっておこるこころの症状である、

・気持ちの落ち込み
・悲観的
・意欲の低下
・集中困難
・眠れない
などの症状を改善することができ、気持ちを前向きに変えてくれる薬になります。

初期症状として特徴的な、強い不安感や緊張などをほぐすこともでき、こころを楽にしてくれます。また、うつ病以外の下記症状にも効くとされています。

・強迫性障害
・パニック障害
・PTSD(外傷後ストレス障害)
・社会不安障害

などの色々な精神疾患にも応用して用いられる事があります。

パキシルの作用・効果

重要となるのがセロトニンという物質です。この物質は、人のこころとからだの安定を調整してくれる神経物質の1つで、これが不足することで上に書いた様なこころの問題を起こしてしまいます。パキシルは、セロトニンが脳の中で再取り込みされてしまうことを阻害することができ、脳内で濃度を上昇させることが出来ます。その結果、神経の伝達を改善して気分を楽にしてくれると言われています。

この薬の系統であるSSRIはセロトニンのみに作用することから、「Selective」「Serotonin」「Reuptake」「Inhibitors」の頭文字をとったもので、日本語で選択的セロトニン再取込み阻害剤と呼ばれています。

パキシルの特徴

・国内では2番目に承認されたSSRI
・副作用が少ない(まったく無い訳ではない)
・1日1回の服用で良い
となり、従来までの抗うつ剤とは異なるので、国内でも広く処方が行われています。

パキシルの副作用

前回も紹介した不快な症状を伴う「抗コリン作用」は少なくなっています。ですが、飲み始めには注意が必要で、胃腸に対して、吐き気、下痢、胃がムカムカする、などの胃腸症状が起こるとされていますが、こういった症状は胃薬を併用することで対処できるので一緒に処方されることがあります。

また、多い例ではないですが、この系統の薬が合わない場合にはかえって神経が過敏になってしまう事があり、イライラ、強い不安、気持ちが落ち着かない、などの気分になることがあるので、そういった場合には医師に相談して薬を変更してもらう必要もあります。副作用が少ないことから、うつ病の治療が終わっても再発を予防するための維持療法にも適している薬と言われています。

パキシルの注意点

パキシルの服用には注意点もあります。持病やアレルギーをもっている人は、その人のもっている病気やアレルギーによっては症状を悪化させることがあるので、予め医師に報告しておく必要があります。また、服用している薬で飲み合わせが悪い薬もあるので、2週間以内にで服用している薬あるいは常用しているものがあれば医師へ相談しましょう。

◎飲み合わせが悪い薬
・エフピー…パーキンソン病の薬
・オーラップ…統合失調症の薬
他にも、
・一部の片頭痛の薬
・抗てんかん薬
・抗不整脈薬
・β遮断薬
・三環系の抗うつ剤
などが挙げられます。

服用にあたって注意が必要な人

・こどもや若い人
治療上では有益な効果をもたらしてくれますが、その反面で不利益になることにも注意が必要です。
◎心理面においての社会支援
◎環境を整える
などが薬の服用よりも優先されることがあります。

また、臨床試験の結果によると重いうつ病をかかえる7~18歳には有効性の確認ができない事以外にも返って悪い結果がでることもあり、18~24歳までにもあまり良い効果を期待する事はできないと言われています。

・病気の既往歴がある人
◎てんかん
◎躁うつ病
◎緑内障
などの既往歴をもっている人は、症状が悪化する恐れがあるので慎重な投与が必要となっています。特に躁うつ病は薬の効果が逆効果になる事があるので、その見極めが大切になります。また、脳に障害がある、あるいは統合失調症の素因が確認される人も精神に大きな変調を起こすので服用には注意が必要となります。

・高齢の方
薬の代謝が遅れやすい傾向があるので、薬の濃度が上昇してしまう傾向にあります。
◎めまい
◎傾眠
◎出血
などの副作用を起こす可能性もあるので、少量の服用や増量する場合にも医師の判断が必要となります。また、うつ病の人には「自殺企図あるいは念慮」を起こす可能性もあるので、薬の影響でそういった衝動が強くなることもあるので慎重な服用が望まれています。

食生活での気をつけること

・アルコール
副作用が強くなってしまう可能性があります。

・健康食品やハーブティー
こういった食品に含まれているセイヨウオトギリソウは副作用を増強させるので控えなければなりません。

この他にも注意することは複数あるので、医師の指示を守って服用するしてください。

サインバルタ

サインバルタは、有効成分のデュロキセチン塩酸塩が配合されたSNRI系の抗うつ剤です。 国内では2番目に承認されたSNRIの薬で、2010年から処方が開始されています。SSRIと異なるのは、セロトニンとノルアドレナリンの2つの神経物質に作用するので、「気分の落ち込み」などを改善する以外にも「意欲や気力」といった面も改善してくれます。単純に計算しても2つに作用することからその有効性はSSRIに比べても高いと考えられています。また、2016年には慢性的な腰痛によっておこる痛みにも効果が認められています。

プロザック

プロザックは、成分:フルオキセチンを有効成分とするSSRIの抗うつ剤です。。もしかするとこれが世界でもっとも知られている抗うつ剤かも知れません。1988年に誕生した薬ですが、「ハッピードラッグ」などとも呼ばれ、この薬を服用すると「突然、別人の様になる」と言われたほどです。世界では人気の高い抗うつ剤の1つとなりますが、残念な事に国内では未承認とされているので日本での入手はすることが出来ません。

ジェイゾロフト

ジェイゾロフトはファイザー社より販売されている塩酸セルトラリンを有効セ成分としたSSRIの抗うつ剤です。1991年には国際誕生していた薬でアメリカではその年から処方が行われ、幅広く処方が行われています。しかし、日本では比較的最近になってから承認され、2006年より処方がスタートしています。パキシルに比べると作用が弱いと言われていますが、より副作用が少なくなっているので、「効き目が強すぎず、副作用も少ない薬」とされ、処方しやすい薬とされています。