レクサプロは効果の高い薬です。また抗うつ剤ランキングでも首位をキープし愛用者が多いことで有名です。

うつ病治療にレクサプロ

レクサプロ

レクサプロ レクサプロとは、エスシタロプラムシュウ酸塩を含む、抗うつ剤です。SSRIと呼ばれる部類に区分されます。 比較的新しい薬で日本では2011年に発売開始されました。SSRIとは、選択的なセロトニン再取込阻害薬の意味で、セロトニン増加を促す働きがあります。

今現在で世界で一番使用者が多いとされている治療薬がレクサプロで、およそ2億人以上の方が使用しています。臨床試験においては、服用したおよそ60%の方に症状の緩和が見られ、結果がきちんと数値に表れています。ここでは、レクサプロの作用や効果を紹介致します。レクサプロを使用すれば、改善も早まります。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。


レクサプロの効果

ハートと医師 レクサプロは、うつだけでなく不安障害パニック障害ストレス障害強迫性障害全般性不安障害社会不安障害などの疾患にも効果を発揮します。強い不安感や抑うつ状態を解消するのが特徴です。

一般名はエスタロプラムで、この成分は安全性の高さが立証されています。血中濃度の半減期が長く、服用回数も1日1回で済み、体内から成分が消えても130時間は効果が持続します。

そのためレクサプロは、最も持続性があり効果が期待できるSSRIの位置付けです。また、集中的にセロトニン増加が行えるため、即効性もあります。抗うつ剤ランキングでもレクサプロは首位をキープし愛用者は非常に多いです。


レクサプロの作用機序

試験管 セロトニンは気分と密接に関わる神経伝達物質です。脳内のセロトニンが分泌されなくなるとうつ症状を誘発することもあり、セロトニンを増やすことがうつ改善に繋がります。セロトニン以外にも働き、他の脳内物質に影響がでる薬もありましたが、SSRIはセロトニンだけに働きます。

それが、レクサプロの副作用は少なく効果が高いとされる理由です。健康な人の場合、ニューロンという場所からセロトニンが出され、それからセロトニン受容体へ取り込まれます。私たちが普段活動的に動けるのは、この受容体に吸収されたセロトニンが作用するからです。

そして、役割を終えたセロトニンはセロトニントランスポーターという器官で再吸収・再利用されますが受容体との均衡が重要です。うつだとセロトニンの濃度がそもそも低下していて、受容体への吸収が満足にされず気分の低下といった症状がみられます。

例えば今までセロトニンの放出量が100だった人が50に半減したとします。その減少した状態で30がセロトニントランスポーターに再吸収されると、20しか受容体には残こりません。その状態の改善を図るために、レクサプロはセロトニントランスポーターに働きかけます。

セロトニントランスポーターの働きを抑えれば再吸収を防げます。そうすると、セロトニン濃度が上がり神経伝達が改善、結果的に症状が和らぎ気分が落ち着きます。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

レクサプロの副作用

頭を抱える人 レクサプロの副作用として、1番多い症状が吐き気です。他にも眠気やだるさ、頭痛が起こることもありますが、きちんと決められた通りにレクサプロを服用すれば効果も期待でき、副作用も比較的少なく済みます。

副作用が少ないという点が特徴の1つであるレクサプロですが、人によっては症状が出ることもあります。無理をせず、自分のペースでの服用を心掛けましょう。また、異変を感じた際はすぐに医師の診断を受けましょう。


レクサプロの離脱症状

頭を押さえる人 離脱症状とは、減薬・断薬を行った際に出るソワソワ感不安感のことを指します。レクサプロの服用中は、体内のセロトニンが増加し体調が良くなりますが、そこで自己判断による減薬を行うと急激な変化に身体が対応できなくなります。

そして、耳鳴り・痺れ・だるさ・頭痛など体調に異変が現れます。しかし、きちんと対処法もあります。身体が慣れるまでは、無理をせず必要な場合は、医師を頼りましょう。たとえ可能性が低くとも効果だけでなく、デメリットにも目を向けることが大切です。


レクサプロの購入方法

携帯を見て笑う人 レクサプロの購入方法は、「通販」または「病院処方」の2つです。定期的に病院に通いその都度、レクサプロをもらっている方も多いでしょう。専門家の意見を直接聞けるというメリットはありますが、待ち時間が長かったり、待った割には診察がすぐに終わった・・・ということはありませんか?

このような経験から病院での処方が億劫になっている方に、通販はオススメです!時間をかけずに安く買えること、そして誰とも顔を合わせず購入ができるという利点があります。

うつを患っていても、弱い自分を受け入れられず誰にも知られたくないという方もいらっしゃるかと思います。そんなゆっくり自分のペースで治療を行い方は、レクサプロを通販で購入しましょう。サイト内で取り扱われている商品は、海外医薬品ですが安全性がきちんと確認されたものだけが販売されています。※海外医薬品を通販することを個人輸入と言います。


レクサプロの値段

硬貨 購入方法の違いでレクサプロの値段にも差が生じます。

病院でのレクサプロの平均値段相場は、212円/10mgです。1錠あたりの値段のため、2日で424円・3日で848円となり4日目以降からは1000円を超えてしまいます。また、服用量は最大で20mgのため最大量服用が必要な場合は1日で424円となります。

うつ病を治すため・・・と分かっていても薬代の高さは、経済的負担となります。しかし、通販を利用すればその負担を格段に減らすことができます。

個数 1錠
5mg × 100錠 31円 3150円
10mg × 100錠 40円 4050円
20mg × 100錠 63円 6300円

上記の価格表は、お薬なびという個人輸入医薬品を取り扱う人気サイトでの値段です。レクサプロのジェネリックですが、成分・効果に違いはありません。また、自分の服用量に合わせてレクサプロは5mg・10mg・20mg選ぶことができるため大変、人気です!

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

レクサプロの服用方法

錠剤と水 効果の高いレクサプロの服用方法ですが、10mgを1日に1回、夕食後から始めます。そしてそれを続けます。量を増やしたい場合は、1週間あけて、20mg以下にしましょう。10mgで大丈夫な場合はそのまま継続して使用してください。

必ず用法量を守り、それ以上の量を投与するのだけは避けましょう。必要以上に服用することで、多大な副作用や依存症が出てしまう恐れがあります。もし、レクサプロの量が足りないと感じるようであれば医師に相談しましょう。

レクサプロの併用禁忌・注意薬

カラフルな錠剤 レクサプロには併用が禁止されている薬、慎重に判断して飲む必要がある薬があります。例えば、A・Bと2つの薬を飲んだとします。その際に、薬の相互作用としてAの効果が強くでる場合もあれば、BがAの効果を弱くする場合もあります。このようにお互いの薬が作用し支障をきたすケースは非常に多いです。

個人でレクサプロを購入し飲む際は、医師の指示を受ける機会がないため自分自身で確認を怠らないようにしましょう。 併用禁忌薬は、絶対に一緒に飲んではいけないという意味で指定されている薬は、2つです。


■モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤
英語でmonoamine oxidase inhibitorと言い、意欲や運動調整の働きを担うドーパミンや注意力向上に必要なアドレナリンをまとめてモノアミンと呼びます。そして、これらモノアミン神経伝達物質の酸化を促す酵素がMAOで、MAO-A・MAO-Bの2つが存在し日本で認可されているのはMAO-Bのみです。
パーキンソン病の治療に用いられるエフピー(成分:セレギリン)が、これに当てはまり服用するとMAO-Bの働きが阻害されます。するとドーパミンの酸化が遅れ、ドーパミン量が増加します。
パーキンソン病は、脳内のドーパミン不足により体の動作が鈍くなったり、手足が震えたりするため、エフピーが使用されています。

エフピー服用中に、レクサプロを飲むと発熱・発汗・全身痙攣・昏睡などの重症例が確認されています。またエフピーの服用をやめても14日間はレクサプロの服用ができません。パーキンソン病を患っている方、MAO阻害剤を使用している方はレクサプロの服用に注意しましょう。
■ピモジド(オーラップ)
小児の自閉性障害・統合失調症・トゥレット症候群の治療に用いられる薬です。原因は未だ明らかになっていませんが、併用によりQT延長が起こるおそれがあります。QT延長は、心臓の活動電位の継続時間(QT時間)が異常に長くなり、脈が乱れ失神や発作、立ちくらみを起こす遺伝性の疾患です。
オーラップとレクサプロの併用は禁止されているため注意しましょう。

オーラップは多くの症状に使われていますが、代替医薬品も存在しています。
そのため、どうしても併用しなければいけない理由がある際はオーラップの方で代替医薬品を探してみましょう。

うつ病は中々相談しにくい内容ですが、一人で解決できる病気ではありません。治療薬を服用することに抵抗がある方も多いですが、きちんと決められた通りに服用することで、効果も期待でき、副作用も比較的少なくて済みます。

もちろん、離脱症状が出てしまう方もいますが、いつかは抗うつ剤を服用しなくてもいいような状態に持っていけるよう医師と協力しましょう。レクサプロは、SSRIの中でも副作用も少なく、効果もちょうどいいとされています。もし、服用を続けて調子が良くなっても自分の判断で薬を辞める事は危険です。治療終了に向けて、徐々に減薬することが求められますので、急にやめる事は避けてください。SSRIは上手に付き合うことで効果も最大限に期待できます。レクサプロを服用する際も上手に付き合いましょう。


レクサプロの飲み合わせ

水を飲む人 併用禁止とまでいかなくとも、レクサプロとの飲み合わせが悪い薬があります。病気の治療に薬は必要不可欠ですが、飲み方を少し間違えただけで危険な状態を招くおそれがあります。風邪薬服用中に、鎮痛薬を飲むなど複数の薬を飲むことで体調を崩す場合があります。
そのため、飲み合わせについてはできる限り自分でも調べておくことがポイントです。

個人で管理する場合は、ノートなどに自分が飲んだ薬の記録を残しておくと安心です。どの薬を服用しているのか、飲んだときの自分の身体の変化なども細かく記載していると分かりやすいでしょう。

■睡眠薬・抗不安薬
睡眠薬であるルネスタ・マイスリー・アモバン・レンドルミン、抗不安薬であるデパス・ソラナックス・レキソタン・ワイパックスは同時に処方されることもあるでしょう。
相性に問題はないように見えますが、睡眠薬・抗不安薬・SSRIはどれも中枢神経抑制作用を備えています。
そのため、めまい・ふらつき・眠気という症状が起きやすくなります。そして、併用すると症状が更に重くなるおそれもあるため、なるべくレクサプロとの併用は避けた方がいいでしょう。
また、中枢神経抑制作用のある薬は耐性形成・依存性も備えているため併用で依存性が高まることもあります。
■風邪薬
風邪薬に含まれる解熱作用成分に何が使用されているか確認する必要があります。
解熱作用を促す成分としては、主に「アセトアミノフェン」「NSAIDs(ロキソニン、イブプロフェンetc..)」のどちらかが使用されています。
NSAIDsとの併用は避けた方がいいため、風邪薬を飲む際はアセトアミノフェンが使われている薬を選択しましょう。
また、病院を受診する際も服用している薬があることを伝えると考慮してもらえます。
■避妊薬ピル
ピル(マーベロン・トリキュラー・ダイアンetc..)を飲んでいる女性は多くいらっしゃるかと思います。レクサプロと併用しても問題はなく、ピルの効果が弱まることもありません。
しかし、ピルの副作用である消化器系の症状が併用によって重症化することがあるため覚えておきましょう。

レクサプロの体験談

笑顔の人 実際にレクサプロを使用したことがある方の体験談を紹介します。通販でレクサプロを買うことに抵抗がある方、もしくはうつ病治療に薬を使用することが不安な方は参考にしてみてください。うつで苦しんでいるときは、周りも自分も見えなくなり希望が持てません。

そして、治さなきゃ、治さなきゃと思えば思う程逆効果になってしまうこともあります。治らないかもしれない、やる気もでないという状態からレクサプロで元気を取り戻した方の体験談が参考になれば幸いです。


30歳女性/OL ★★★★
私は、29歳のときに強迫性障害という病気を患いました。
他人から見るとどうでもいいことが気になって、頭から離れないという症状がずっと続いていました。気にしないでおこう・・・と思えば思う程、小さなことが日々気になっていき症状は強くなるばかりでした。薬を飲んでも改善しないだろうと思っていましたが、半信半疑で服用を開始。すると、飲みはじめてから9日目あたりから症状が治まっているのを実感しました。
肌がボロボロになるまで手を洗い続けていたり、ドアに鍵をかけたか不安で仕方なくなり何度も確認しに家に戻ったりしていたのにも関わらず、回数が減り最終的には完治しました。私の場合3週間程度で症状の8割が改善しました。効果アリです!
49歳男性/自営業 ★★★
うつ病になり別の薬を飲んでいました。しかし、一向に治る気配はなく薬を飲んで落ち込みや気分の波が酷く1年以上悩まされ続けました。もう一生治らないかもと更に落ちこみ、症状もどんどん酷くなっていた時、「薬を変えてみたら?」と妻に言われたのをキッカケに購入しました。
今までは病院に頼っていましたが、主治医の先生との信頼関係も築けていなかったため自ら通販で購入しました。身体と薬の相性、そして効果が心配でしたが、焦らずマイペースに治療を続けた結果とても元気になりました!あの苦しかったときに、思い切って薬を切り替えて良かったと心から思っています。私のように薬との相性が悪く、全く改善が見られない方は1度試してみるのもアリだと思います。効果は期待できますよ。
55歳男性/会社員 ★★★★★
パニック障害になり、外に出るのが恐くなりました。外にでると動悸が止まらず、特に電車はどんなに挑戦しても乗れませんでした。50を過ぎて精神疾患を抱えるとは思ってもみませんでした。仕事もプライベートも今まで順調で、明るい性格だと思っていたので無縁の病気だと思っていました。
病気かも・・・と気づき始めてからも、そんな自分を認めることができず1人でずっと悩んでいました。病院に行けば薬をもらえますが、誰かに見られるかもしれないという気持ちと外出自体が難しくなってきていたので、悩みに悩んだ末ネットでの購入に至りました。どうしても治したいと毎日欠かさず飲み続けました。すると1ヶ月過ぎた後からだんだん外に出るのがキツくなくなり、効果を実感することができました。こんなに効果がある薬はないと思います。抗うつ剤ランキングでも1位なので安心です。
レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。

抗うつ剤ランキング

レクサプロ
レクサプロは、2011年に発売されたSSRIタイプの抗うつ剤になります。セロトニンを増加させる作用があり、セロトニン不足が原因のうつ病には効果的です。また、副作用が比較的少ないと薬されています。、効果と安全面でのバランスがよいことから世界で一番愛用者が多い人気の治療薬です。
レクサプロの詳細 レクサプロの通販はコチラ
パキシル
パキシルもレクサプロと同じSSRI系の治療薬になります。服用することで、人のこころとからだを安定させてくれる物質であるセロトニンの濃度を改善させてくれます。その結果、気分を楽にさせてくれます。また、うつ病以外にも強迫性障害、パニック障害、PTSD、社会不安障害にも効果があります。
パキシルの詳細 パキシルの通販はコチラ
サインバルタ
第4世代の抗うつ剤といわれるSNRI系の抗うつ剤です。有効成分のデュロキセチン塩酸塩が、セロトニンとノルアドレナリン2つの物質に作用することで、うつ状態を改善してくれます。意欲が低下してしまううつ病の方や他の薬だと意欲の改善が見られない方によく用いられる薬となります。
サインバルタの詳細 サインバルタの通販はコチラ
プロザック
プロザックは、イーライリリー社によって開発された世界でも非常に認知度の高い抗うつ剤になります。既に20年以上に渡ってうつ病患者に愛用されています。しかし日本国内では許可がおりていないため販売が認められていません。そのため、服用を希望する場合は個人輸入によって購入する必要があります。
プロザックの詳細 プロザックの通販はコチラ
ジェイゾロフト
ファイザー社より販売されているSSRIの抗うつ剤です。効果が強すぎず、副作用も少ないことから、ゆっくりと安全に治したいと思う方に合った薬になります。また、男性よりも女性の方が有効性が高いとされています。うつ病以外にも、パニック障害、PTSDなど様々な心の病の治療に用いられます。
ジェイゾロフトの詳細 ジェイゾロフトの通販はコチラ

心の病気「うつ病」

多くの人が抱える心の病気であるうつ病。およそ95万人患者数が報告されている、とても身近な病気の一つです。
人間関係や、過去の経験、ストレスなどさまざまなことが原因で起こってしまうこの病気は、時として日常生活が困難になってしまうこともあります。
うつ病についての情報はもちろん、うつ病の治療に適した抗うつ剤ランキングを紹介しています。あなたのうつ病治療や周りの方のうつ病を理解するためにお役立てください。

うつ病の原因と症状

記入をするナースの女性 うつ病とはただ単に気分が落ちてしまったり、元気がなくなったりするだけではありません。その他にも他人には分かりにくい症状が出たり、日常生活をも困難にしてしまう症状などがあります。

うつで悩んでる人は年々増加の傾向にあります。実際のデータより、もしかしてうつかもと悩んでる人がいたり、うつなのに自分はうつじゃないと決め込んでる人などもいることから、本当の患者数はもっと多いのではないでしょうか。

うつはれっきとした病気で、よく心の風邪といいますがそんな簡単なものではありません。

うつになってしまう原因が今現在はっきりわかってはいませんが、脳にある神経伝達の異常とともに発症してしまうとも考えられています。精神的要因や、身体的要因など様々なことが重なることで発症しやすくなるともされています。

精神的要因が原因で、うつになるかたは多く、現代社会の人間関係や、仕事関係、社会的地位など様々なトラブルがつきものです。
昨今ではSNSの普及により、一人でいてもだれかと常にかかわってると感じてる方も多いのです。特に大きい出来事があると、今までは平気で入れた物事に対しても段々悩んでくるようになってしまうのです。

進級や、就職、転職、引っ越し、など環境がかわることでうつを発症させてしまう方もいらっしゃいます。また、うつの症状が出ていても、自分がうつになるなんて思っておらずその状態のまま無理をして、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

日本の社会はまだまだうつ病に対して偏見をもつことが多いです。昔ほどではありませんが、他の国よりもうつ病と言うものが理解されていないのは事実です。これは日本の社会のシステムの異常さなどが原因で、これを改善させないかぎり、この状態は良くならないでしょう。

うつは治療すればよい方向に持って行ける病気なのです。様々な症状がありますので、その状態に合わせて抗うつ剤を選ぶことが可能なのです。最近ではメンタルヘルスや心療内科など以前に比べて通いやすくはなっています。

それでも他人に相談しにくいと言う方はインターネットなどで効果の高い海外医薬品を購入することも可能です。インターネットで手軽に購入できますが、本当に悩んでる方は一度は医師などに相談することをお勧めいたします。

うつ病治療にはレクサプロ

ガッツポーズする女性 うつ病に心理療法が用いられることもあり、改善には効果のある薬だけでなく周りの協力も必要不可欠です。
薬を使用することに抵抗感がある人、薬を使用せずに治療したいと思っている人などそれぞれに異なる考えがあると思います。

しかし、どの病気であっても病気になったら薬を処方してもらい治療するように、それはうつ病であっても変わりありません。抗うつ剤を飲むことは、副作用の心配もありますが効果が得られ、飲むことで治療がスムーズに進むなどメリットの方が大きいです。


レクサプロであれば、副作用も少ないため安心して使うことができ、その安全性の高さと飲みやすさ、効果から愛用者は世界中に多くいます。また効果が持続するため、1日何度も飲む必要がないため、飲み忘れることもありません。

少し値段が高いと感じる人もいるかもしれませんが、通販であればまとめ買いで安く購入することが可能です。
服用を続けて体調の改善がみられても自己判断で服用を中止するのではなく、徐々に減薬が求められる薬のためまとめて買ってストックしておくのがオススメです!
薬を切らさず継続して飲むことで、効果は持続しうつは必ず改善していきます。
レクサプロの使用の他にも体に負担を掛けていると感じる日が続いていれば、休めることも大事です。体も心もきちんと休め、薬を使用することがより改善をいい方向へ導きます。

レクサプロの通販はコチラ
※リンク先はレクサプロのジェネリックを販売しています。