レクサプロの詳細

レクサプロとは、エスシタロプラムシュウ酸塩を主成分とした、抗うつ剤です。
SSRIと呼ばれる部類に分類されます。
比較的新しい抗うつ剤で日本では2011年に発売されるようになりました。
SSRIとは、選択的なセロトニン再取込阻害薬のいみで、セロトニンを増加してくれる作用があります。
今現在で世界で一番愛用者が多いとされているうつ病の治療薬なのですが、ここでその作用や効果を紹介いたします。
一般名はエスタロプラムシュウで、この有効成分が比較的安全性が高いとされています。
そして、血中濃度の半減期が長いので、服用回数も1日一回で大丈夫です。
集中的にセロトニンを増やす効果が高いので、効果がかなり期待できます。
そして、即効性も期待できると抗うつ剤の中でも万能的です。
しかし、メリットだけでは無くもちろんデメリット部分もあります。
一番のデメリットはお薬代が高いという事です。
メリットの多い治療薬なので、お薬代が高いのも納得なのですが、持続して服用するのには少し抵抗があります。
しかし、1日に一回の服用で大丈夫ですので、トータルで見ると何ら問題ないです。
今までのSSRIの抗不安剤などは、効果が高い分副作用が強いや、副作用は少ないが効果があまり期待できないなど、両極端でした。
レクサプロはそこをすべて改良されており、効果も実感できるが副作用も少ないと、頼もしい存在となっています。
一般的に、最も持続性があり、有効が期待できるSSRIだとされています。
おなじく複写王の少ないSSRIでパキシルという治療薬があります。
こちらもうつ病の治療に使用されています。
パキシルは、セロトニンのみに作用することから、副作用が比較的少ないとされています。
パキシルは、徐々に成分量を増やしていくSSRIです。
こちらも人気の高いSSRIで、うつ病患者にとってはなくてはならない存在です。
今後はレクサプロと、パキシルとの2代巨頭になると思われます。
SSRIは依存症も高い治療薬だとされています。
しかし、決められた用量、用法で服用することで、依存症は比較的避ける事可能です。
効果はさらに期待したいからと言って、大量に服用するのは、やめましょう。
もし、副作用などを感じた場合は、直ちに服用をやめ、病院などに相談して下さい。

■オススメリンク
 レクサプロは、SSRI系の抗うつ剤で海外通販出来ます。